『よるのないくに』魅力たっぷりの美少女×従魔×RPG

[最終更新日]2016/08/31

よるのないくにで、美少女を使って激闘を戦い抜け!

ガストが放つ完全新規RPG『よるのないくに』。美少女×従魔×RPGというまさに魅力という魅力を詰め込んだゲームだが、一体どんなゲームなのか。買おうか迷っている人がいるのであれば参考にしてもらえればありがたい。

よるのないくに のストーリー

夜の君と呼ばれたと呼ばれた妖魔の長と人類の戦いは人類の勝利で幕を閉じた。しかし、夜の君は断末魔にその汚れた血を撒き散らした。その血を浴びたものは姿と性質を変え、邪妖と呼ばれる存在に転じ、人々から夜の世界を奪うモノとなる。昼は人々が賑わう街、そして夜は人であって人ならざるものたちが蠢く、まさに眠るものがいない『よるのないくに』となってしまったのだった。青き血を浴び、“吸血”という呪われた能力を得た少女は、“よるのないくに”でヒトのために生き、夜の生贄となる一人の少女のために戦っていく。

よるのないくに のゲームシステム

よるのないくに 1

よるのないくに 2

よるのないくに 3
『よるのないくに』では、従魔をつかい戦闘を行う。依代と呼ばれるアイテムを使い契約した従魔を最大限に活かして戦おう。従魔にも色々な種類が存在しており、アタッカータイプやサポートタイプなど、性質が異なっている。従魔のことをよく知り、そして育てることで邪妖と戦う事が、『よるのないくに』でとても重要になってくるのだ。

よるのないくに 4
更に、『よるのないくに』では、血の覚醒と呼ばれる「変身」を使えば、敵に大きなダメージを与えることが可能だ。広範囲攻撃や高速移動など、普段使えないアクションも可能になってくるので、うまく使うことが勝利への鍵となるだろう。変身は、変身ゲージがMAXになることで使用可能となり、変身ゲージはアーナスや従魔の攻撃で溜まっていく。

この「変身」は契約している従魔によってフォームが異なってくる。圧倒的な破壊力と攻撃範囲を持つ「デモンフォーム」、接近戦や肉弾戦などの近接戦闘を得意とする「ラビットフォーム」、連れている従魔や自分のSP,HPなどを回復し、遠距離から攻撃を行う「ファントムフォーム」など、『よるのないくに』では沢山のフォームが用意されているので状況に応じた使い分けをしていこう。

『よるのないくに』で、自分好みの美少女を育成して、美少女と冒険して、美少女と楽しもう!

タイトル よるのないくに
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 PS4/PS3/PSvita
ジャンル 美少女従魔RPG
発売日 2015年10月1日
価格 PS4,PS3パッケージ版6800円
PS4,PS3ダウンロード版6000円
PS4,PS3プレミアムボックス版9800円
PSvita通常版5800円
PSvitaダウンロード版5143円
PSvitaプレミアムボックス版8800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://social.gust.co.jp/yorukuni/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめゲーム

  1. チョコボが絵本の世界を大冒険! FFシリーズでおなじみのチョコボが、ミニゲームやカードバトルのある…
  2. メトロイドヴァニア好きに捧げる一作 探索ゲー好きにおすすめしたいアクションアドベンチャー「Axio…
  3. ツキウタ。のキャラクターたちが登場するADVがPSVITAのゲームに登場 バンダイナムコエンターテ…
  4. コスパ最強のローグライクゲーム! 「クエスト・オブ・ダンジョンズ」は、ニンテンドー3DSで配信され…
  5. バイオ4の後継者と呼ぶに相応しいゲーム『DEAD SPACE』 『DEAD SPACE』は宇宙船に…

注目のゲーム

  1. 2017-8-7

    シリーズ30周年を祝う『ドラゴンクエストビルダーズ2』のゲーム発売が決定!

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…
  2. 2017-10-24

    Nintendo Switch発売のメガテン最新作は『真・女神転生V』として正式発表!

    『真・女神転生』シリーズ最新作のティザー映像公開! 人気RPG真・女神転生シリーズが今年2…
  3. 2017-6-14

    「ヨッシー for Nintendoswitch(仮称)」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNinten…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る