『月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~』陽が照らす桜小路で繰り広げられる恋模様

Navel10周年記念がPSVITAのゲームに登場!

さて、本日紹介するゲームはヒューネックスより2015年11月26日に発売が開始された恋愛アドベンチャーゲームの『月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~』です。対応プラットフォームはPlaystationVITA、ゲームの価格は6900円となっております。

■月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~のあらすじ
月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~主人公・大蔵遊星(おおくら ゆうせい)は、日本の財界を代表する“華麗なる一族”大蔵家の末端に、望まれぬ子として生を受けた。優秀な親族や家庭教師のもとで厳しく育てられた遊星は、多芸に秀でた万能家であったが、言うなれば籠の中の鳥であり、およそ人並みの夢や希望などとは無縁の生涯だった。

そんな遊星が、初めて一族の監視下を離れ、ひとりで外の世界へ出る機会を得た。名もなき庶民の娘・小倉朝日(こくら あさひ)となって素性を伏せ、上流階級の子女が集う服飾専修機関『フィリア女学院』へ潜入することになったのだ。

その一環として遊星(=朝日)は、学院一のスーパー同級生・桜小路ルナ(さくらこうじ るな)に仕えるメイドとして、彼女の住まう『桜屋敷』で働くことに。そしてそこには、ルナと縁のある学院生らが同居するという。一人はスイスから来た誇り高き留学生・ユルシュール。一人は旧華族の流れを汲む家柄の大和撫子・花之宮瑞穂(はなのみや みずほ)。そしてもう一人が、少年時代の主人公に恋していた庶民派の社長令嬢・柳ヶ瀬湊(やながせ みなと)。

いずれも個性的なお嬢様方に加えて、それぞれに付き従う超個性的な従者たちが遊星(=朝日)の生活を引っかきまわす。果たして遊星は、素性(おもに性別)を偽ったまま、屋敷と学園の二重生活を無事に過ごすことが出来るのか?

移植ならではのゲーム要素

本作『月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~』はNavel10周年記念作品として2012年に発売が開始された「月の寄りそう乙女の作法」をPlaystationVITAに移植したバージョンとなっており、より綺麗になった『月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~』を楽しむことが出来ます。

VITAに移植されるに当たって、PC版原作スタッフの手によるVITA版オリジナル新シナリオ、さらに新ビジュアルも追加されており、主人公の「小倉朝日」はフルボイス化、またタッチ機能もついたことからより操作性が充実しています。より一層物語に没頭できるタイトルになっていると思うので、是非プレイしていただきたいアドベンチャーゲームです。

タイトル 月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~
メーカー ヒューネックス
対応機種 PSVITA
ジャンル 恋愛アドベンチャー
発売日 2015年11月26日
価格 6900円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://www.jp.playstation.com/software/title/vljm35249.html]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…
  2. 2017-4-29

    『ザンキゼロ』ダンガンロンパシリーズのスタッフが手がけるRPG。人類滅亡まで残機8人

    退廃的で美しい世界を描くサバイバルRPG スパイク・チュンソフトより、ダンガンロンパシリーズを手掛…
  3. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る