七回忌で親戚たちは怪談を始めた…『晦 -つきこもり-』

『つきこもり』では色んな怪談話が聞けるホラーゲーム

dc86b4329ffcaae04dc5db15b0adbe60『つきこもり』は、『学校であった怖い話』を出したパンドラボックスが開発した第2弾ホラーサウンドノベル。
学校以外の怪談も聞きたいというアンケートをもらった結果、このホラーゲームを開発することを決めた。
晦はつごもりと読むが、つきこもりが砕けたものであり、つきこもりの説明もゲーム中の終盤に出てくる。

「出る」といわれる客間で怪談話を始めた…

晦 つきこもり ホラー ゲーム サウンドノベル前田葉子は祖母の七回忌のため、田舎の本家を訪れた。久しぶりに親戚一同が集まることになった。七回忌を終えた晩、親戚広間で談笑していたところ、葉子が話していたグループでは怪談話に花が咲いていた。客間に行き、本格的に始めようとすると和子おばさんが入ってきて一言言った。「みんな、この部屋がどうして使われていないか知ってるの?…ここって出るのよ」
その一言が口火を切り、暗く長い夜は更けていくのでした。

『つきこもり』のゲームシステムは前作と同じ

前作『学校であった怖い話』と同じゲームシステムを継承している。
6人の話を任意の選択で聞いた後に、7話目の話が始まりエンディングへと向かう。
前作ではその名の通り学校をテーマとした怖い話で、登場人物は全員学生だったが、本作では様々な職業、年齢の人間が集まっており、怖い話のバリエーションが格段に増えている。
しかし、増えたのはいいものの、怖い話自体のクオリティは低いものが多々あり、そんなに怖くなかったりする。

劣化した部分はあるものの、話を聞く順番や選択肢によって分岐するシナリオはやはりゲームとして楽しめる。


タイトル 晦 -つきこもり-
メーカー パンドラボックス
対応機種 スーパーファミコン
ジャンル ホラーサウンドノベル
発売日  1996年3月1日
価格 7,800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=DiKprfbnn
AU&list=PLJZw2VjI_BLvITtwJqwGmJ_5uyqvt_UGB]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-16

    「Fallout 76」爆弾が投下されて25年、終末戦争後のアメリカへと一歩踏み出すRPG

    未だかつてないオープンワールドRPGのマルチプレイを体験しよう  Bethesda Game …
  2. 2018-3-9

    「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」Nintendoswitchにあの神ゲー対戦アクションが登場決定!

    スマブラ最新作が発売決定!どのような新要素が組み込まれたゲームになるのか!?  Nintend…
  3. 2016-12-5

    ついに発表!『The Last of Us Part Ⅱ』憎しみを描いたシリーズ最新作は成長したエリーが主役。

    世界中を震わせた超名作ゲームの続編がきた 我々ゲームユーザーにとっては本当に嬉しいお知らせなのです…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る