ゲームで泣きたいならこれ!『テイルズ・オブ・ジ・アビス』

テイルズ・オブ・ジ・アビスは、シリーズ最高峰の神ゲー

『テイルズ・オブ・ジ・アビス』は、ナムコから2005年12月15日に発売されたPS2用RPGでテイルズシリーズの本編作品第8作、シリーズ10周年記念作品でもあります。そして個人的に、テイルズ・オブ・ジ・アビスはかなり泣けたゲームでもあります。公式ジャンル名の「生まれた意味を知るRPG」という名前に恥じない、とても素敵な神ゲーでした。

貴族の息子として甘やかされて育った主人公が、ある事件を契機に世界を旅し、成長していく様子を描くRPG

テイルズ・オブ・ジ・アビステイルズ・オブ・ジ・アビスは、僕がテイルズシリーズをやるきっかけとなったゲームでもあります。多少の思い出補正はありますが、RPG好きにはまさにたまらないといったような神ゲーになっていることは間違いないです。「テイルズシリーズってどうせお子様向けのゲームなんでしょ」という気持ちのあなたに朗報です。大人でも絶対に楽しめます。というか、テイルズ・オブ・ジ・アビスは、むしろ大人の方が楽しめるんじゃないのかな。

テイルズ・オブ・ジ・アビス本作『テイルズ・オブ・ジ・アビス』はテイルズシリーズの醍醐味でもあった「差別」という題材に「成長」を上手く織り交ぜてストーリーが進んでいきます。表向きなシナリオは子供向けで、誰でもそこそこ楽しめるようなストーリーだと思います。言ってしまえば、当り障りのないような感じですね。ですが、テイルズ・オブ・ジ・アビスの表向きなシナリオとは裏腹に、「裏側のテーマ」というのが存在します。これを理解すると、テイルズ・オブ・ジ・アビスは今より100倍楽しめる神ゲーになります。

テイルズ・オブ・ジ・アビス

テイルズ・オブ・ジ・アビステイルズ・オブ・ジ・アビスは、まさにテイルズシリーズ10周年記念作品にふさわしいといえる神ゲーです。今からもう10年以上も前に作られたゲームですが、未だに沢山の人に愛されている神ゲーです。ただ、ひとつ残念なところがあって、ロードがとても長いです。これはもう仕方のない事なのですが、不満点があるとすればそれくらいですかね。

主人公の心理描写、葛藤、そして戦闘のシステムなどはとても素晴らしいです。テイルズ・オブ・ジ・アビスは、ぜひとも一度プレイしてみてほしい神ゲーですね。

タイトル テイルズ・オブ・ジ・アビス
メーカー ナムコ
対応機種 PS2
ジャンル 生まれた意味を知るRPG
発売日 2005年12月15日
価格 4980円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/embed/OQ1LHY4CC70]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-8-10

    「JUMP FORCE」リアルすぎるジャンプキャラ総出の対戦アクションゲーム

    多くのジャンプ漫画のキャラクターが集う創刊50年を記念したゲーム  日本の漫画雑誌で多くの少年…
  2. 2018-3-12

    「メイドインワリオ ゴージャス」おバカで中毒性の高いミニゲームが300種類収録!

    超手軽すぎるアクションミニゲームの集大成が登場! 当時タッチ機能を活かしたミニゲーム集として話題を…
  3. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る