原作完全無視の問題作「時空の旅人」

ファミコン時代にありがちな原作殺し

「時空の旅人」は、もともと1986年に放映されたアニメーションで、人類の歴史を平和なものに変えるため過去にタイムスリップするというアドベンチャーゲーム。だが、同じキャラクターが登場するだけで、まったく違う話である。これだけ聞くとファンとしては嬉しいと思うが、「時空の旅人」のゲームシステムや味気ないストーリー、誤字脱字のひどさに震える。

時空の旅人「時空の旅人」は、本能寺で織田信長と出会いゲームが始まり、歴史上の人物と出会い「はい」か「いいえ」の2択だけを選んぶだけ。そうたったこれだけ。しかも歴史上の偉人たちのイメージがぶっ飛びすぎていてついていけない。

「時空の旅人」のギャグ的要素としても捉えられるのが突然の即死によるゲームオーバー。返答を間違えれば基本的に死が待っている。ゲームで一番最初に出会う織田信長に斬り殺されるなんてことまであるから驚き。

「時空の旅人」では、本当にどうでもいい情報や文章が詰め込まれている。特に家康と三成が雑煮について口論するとか、ものすごくどうでもいい。この無駄が魅力とも言えなくないが、オリジナルキャラクターでなく歴史上の偉人でやることではないだろう。

そして、一番ゲームプレイヤーに力を入れて欲しいのは誤字脱字の調査。「時空の旅人」はとにかく誤字脱字が多い。「時空の旅人」の最大の楽しみは誤字脱字を見つけることなんじゃないかと思うくらい。例えば、炎⇒ほのう、思う通り⇒おもうとうり、など小学生でもわかる間違いが非常に目立つ。

「時空の旅人」は無限ループにもなっているため、エンディングに辿り着くまで非常に苦労する。こんなクソゲーをやってみたい人いますか?


タイトル 時空の旅人
メーカー ケムコ
対応機種 ファミコン
ジャンル アドベンチャー
発売日 1986年12月26日
価格 4900円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=RRBsDQ6szpQ]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-13

    「ファイアーエムブレム 風花雪月」おなじみのバトルがより戦略的になったシミュレーションRPG

    王道を行くロールプレイングシミュレーションの醍醐味を味わえ  2018年E3で発表された「ファ…
  2. 2018-7-12

    「Devil May Cry 5(デビル・メイ・クライ5)」悪魔を狩る超スタイリッシュアクションゲーム再び

    シリーズ第五弾となるアクションはさらに磨きがかかったハイクオリティなものに  爽快かつカッコい…
  3. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る