『This is the Police』汚職警官が主人公のアドベンチャーゲーム!?

汚職警官として定年まで生き延びることが目的のゲーム

本作『This is the Police』は、ベラルーシのミンスクを拠点にする独立系スタジオ”Weappy Studio”が手掛ける作品で、長年にわたって甘い蜜を吸い続けてきた汚職警官が定年退職まで暗躍していくというゲームになっています。これを聞いただけで、もう一風変わったコンセプトのゲームだなと判別することが出来ますね。さらに本作『This is the Police』、これが警察だと言わんばかりのゲームタイトル、皮肉にも似たようなものを感じますw

This is the Police 1

This is the Police 4本作『This is the Police』は、プレイヤーがアメリカにある架空の都市「フリーバーグ」の警察署長ジャック・ボイドとなって、部下の警官たちをそれぞれまとめていきながら街で起こる事件を解決していくといったゲームになっています。『This is the Police』では、マフィアの悪行や政治家たちの卑怯な手口によって混沌に晒された街で、180日後に迫る定年退職までなんとかごまかし続けるというゲームです。

This is the Police 3『This is the Police』の署長である主人公ジャックボイドが汚職をしているのだから、当然部下も汚職を働きます。そうすると警察署自体が怪しまれてしまいますよね。なのでうまい感じにごまかし続けていかなければなりません。街には様々な勢力の団体が存在しており、その上層部から様々な便宜を求められます。どうやって180日間を生き延びるのか、とにかくコンセプトが面白いだけに発売が楽しみなゲームです。

This is the Police 2どうやら2016年の夏には公開される予定で、Steamのストアページも公開されているので、詳しい情報はそちらから確認してみると良いでしょう。『This is the Police』、アドベンチャー×ストラテジーといった、とても面白そうなゲームになっていますね。

Nintendoswitchでも登場

『This is the Police』ですが、2017年12月29日にNintendoswitchでも発売されることがわかりました。価格は29.99€となっています。

タイトル This is the police
メーカー Weappy Studio
対応機種 Steam/Nintendoswitch
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 2016年8月6日
価格 1480円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=G_xJwOLcW18]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-13

    「スーパー マリオパーティ」あの定番パーティゲームが進化してNintendoswitchに登場!

    どこでも!みんなと!盛り上がれる!最強パーティゲーム誕生!  任天堂からハードが発売されるたび…
  2. 2018-6-22

    「Twin Mirror」空白の時間に何があったのか…ミステリー強めなアドベンチャーゲーム

    目覚めると血まみれのシャツ、心理的なスリラーを味わえるアドベンチャーゲーム  E3 2018で…
  3. 2018-2-16

    日本一ソフトウェア2018年期待の新作『嘘つき姫と盲目王子』目の見えない王子を救うために化物の嘘つき姫は冒険する

    全社員参加のコンペにより生まれたアクションアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフト…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る