『The Spookening』生き返るために人々の魂を奪う無料のアクションゲーム

毎日毎晩死んでしまう男のいたずら奇譚を無料ゲームで楽しもう

さて、今回紹介するのはModestyより2016年11月1日に発売が開始されているアクションゲームの『The Spookening』。対応プラットフォームはPC(Steam)、価格はプレイ無料となっている。

本作『The Spookening』は、毎日毎晩何故か死んでしまうという男性が亡霊となって町の人々を脅かしていくというイタズラが描かれているアクションゲームだ。恐らく呪われてしまったであろう主人公の男・ハーマンは町の人々を驚かし、彼らからソウルと呼ばれる魂のエネルギーを集めなければ生き返ることが出来ないという設定。なぜ彼がこんな事になってしまったのかは謎だが、生きるために仕方なく人々を驚かすというゲーム設定が何ともユニークで面白いタイトルだ。本作『The Spookening』では「亡霊」を扱っているが、基本的には本格的なホラー演出や描写などはないので、悲鳴が苦手じゃなければ誰でもプレイできるゲームになっている。

怪奇現象を起こしてソウルを集めよう

本作『The Spookening』では、上述したようにプレイヤーはハーマンを操作して人々からソウルを集めなければならない。そうしなければ生き返ることが出来ないからだ。ソウルを集めるためには人々を驚かす必要がある。驚かせるために、突然目の前に現れてみたり、大きい声を出してみたりと様々なギミックが用意されている。突然現れる行動だと近くの人しか驚かすことが出来ないので、時には大きい声をあげて遠くの人も驚かしてみよう。そうすることによって人々がソウルを落としてくれるので、それを拾えば生き返りの糧を得ることが出来る。

大規模な怪奇現象を起こして大量のソウルをゲット

本作『The Spookening』では、先ほど紹介した方法とは違う驚かし方がある。それは「大規模な怪奇現象を起こす」というもの。しかし、これをするには集めたソウルを消費することになってしまうため、効率を考えた上で発動しなければならない。集めたソウルを特定のオブジェクトに注ぎ込むことによって発動することが出来るので、人がたくさんいる場所で使えば大量のソウルを落としてくれるだろう。

他の亡霊に追われてしまうことも

また本作『The Spookening』の特徴として、ソウルを奪ったことによって死んでしまった住民の亡霊に呪われてしまうこともある。そうすると住民たちもソウルを取り戻そうとプレイヤーを追いかけてくるので、彼らの手から逃れながらソウルを集めていこう。

『The Spookening』の評価・レビュー

いかがだっただろうか。しっかりとしたゲームシステムの上に成り立っているからこそこういう奇抜な発想のゲームでも面白いものになる。ゲームは基本的に見下ろし型になっており、画面酔いする心配もないだろう。オバケとは言え、とてもコミカルでキャスパーやゴーストバスターズのような感じなので、心臓が弱い方でも気軽にプレイできるゲームになっている。オバケらしいユニークな要素をふんだんに詰め込んであり、驚かすだけでなくポルターガイスト現象のようなものまで様々なことができるのは面白そうだ。無料なので、気軽にオバケになって夜の街に飛び出してみるのもいいのではないだろうか。

タイトル The Spookening
メーカー Modesty
対応機種 PC(Steam)
ジャンル アクションゲーム
発売日 2016年11月1日
価格 無料
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://store.steampowered.com/app/396420/The_Spookening/]
[https://www.youtube.com/watch?time_continue=102&v=vxnxg0ECAkI]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-14

    「Ninjala」フィールドを縦横無尽に飛び回るニンジャ対戦アクションゲーム

    ニンジャガムを使った変幻自在のコミカル対戦アクションゲーム  「Ninjala」は、その名の通…
  2. 2018-3-12

    「メイドインワリオ ゴージャス」おバカで中毒性の高いミニゲームが300種類収録!

    超手軽すぎるアクションミニゲームの集大成が登場! 当時タッチ機能を活かしたミニゲーム集として話題を…
  3. 2017-12-26

    「ベヨネッタ3」美しすぎる魔女が再び!超スタイリッシュアクションゲーム!

    派手に!美しく!華麗に戦うベヨネッタ最新作! アメリカで開催されたTheGameAwards201…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る