『The Lost Child』話題持ちきりだった”エルシャダイ”の系譜を受け継ぐRPG

現代をゲームの舞台に神話的な要素を加えたRPG

今回紹介するゲームは、角川ゲームスより発売が予定されている神話構想RPGの『The Lost Child』です。

本作『The Lost Child』は2011年に発売され、多くのネットユーザーの間で話題になった「エルシャダイ」の系譜を受け継いだ新作(2017年)RPG。どうやら本作『The Lost Child』では、メタトロン計画の顛末や、イーノックのその力を72個の欠片とした上で、様々な物語がゲームで描かれているとのこと。

現代を舞台にした天魔抗争

本作『The Lost Child』では、「天魔抗争」と呼ばれる争いが繰り広げられるとのことで、その舞台は「新宿」や「秋葉原」。天使と悪魔、そして堕天使が入り乱れる本作『The Lost Child』では、邪悪な力を使役することができる神具「ガンゴール」を手にした主人公が、激しい戦いに巻き込まれていくようです。

このガンゴールによって、悪魔や堕天使たちを捕縛して使役することができるという代物となっていて、悪魔を手下にして闇の支配者たちの野望へと立ち向かっていきます。

魔銃ガンゴールを核にしたゲームシステム

本作『The Lost Child』のストーリーでもゲームシステムでも重要なポジションとなるのが魔銃ガンゴール。

戦闘はオーソドックスなターン制のコマンドバトルで、その中で捕縛や使役といった行動で悪魔を使い戦闘を繰り広げていきます。ここで重要なのが、やはりみんな特徴があるということ。それぞれスキルがあり、大ダメージを与えるものや防御を固めるもの、回復、といった様々な効果のものが用意されているので、長所と短所を見極め状況に応じた使い方をしていくことがゲーム攻略のコツとなりそうです。

このガンゴールですが、不思議な力を秘めたタブレット機能があり、使役している悪魔などのステータスをチェックすることができます。ここでそれぞれの役割などを把握して戦いに活かしていくといいのではないかと思います。また、ゲームを進めていくとどんどんガンゴール自体の能力も解放されていく点にも注目です。

記者という立場を活かした取材のアドベンチャーパート

本作『The Lost Child』の主人公である隼人は雑誌記者であり、取材という行動を取りながら物語を進めていくことになります。あちこちで様々な情報や噂話がされているので、各方面へと飛び回り現地の人たちから情報を集めていきます。何気ない噂話が思わぬ悪魔が関係していたり、大きな事件へと発展していくこともあります。

都市伝説という名の真相を追いかけ取材を重ねながら、本編ストーリーを進めていきましょう。

海外だがNintendoswitchでの発売が決定

本作『The Lost Child』が海外となりますがNintendoswitchにて発売されることがNIS Americaの発表により決定しました。国内版の発売は不明ですが期待はできそうですね。

The Lost Childの発売日はいつ?

本作『The Lost Child』は2017年8月24日に発売が決定されております。対応プラットフォームはPlaystation4/PlaystationVita、価格は7300円となっております。

タイトル The Lost Child
メーカー 角川ゲームス
対応機種 PS4/PSVITA/Nintendoswitch
ジャンル RPG
発売日 2017年8月24日
価格 7300円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://thelostchild.jp/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2016-12-7

    『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』伝説の神ゲー完全復活!

    あの神ゲーがフルリメイクされPS4でゲームが発売! ソニーコンピューターエンターテイメントから、伝…
  2. 2019-2-12

    「妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている」ケータたちの3つの世界がクロスオーバーするRPG

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ  多くのシリーズを発売し社会…
  3. 2016-12-5

    ついに発表!『The Last of Us Part Ⅱ』憎しみを描いたシリーズ最新作は成長したエリーが主役。

    世界中を震わせた超名作ゲームの続編がきた 我々ゲームユーザーにとっては本当に嬉しいお知らせなのです…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る