名作カプコンアーケード「闘いの挽歌」

サイドビューで繰り広げる奥深いアクションゲーム

「闘いの挽歌」は、核戦争で世紀末となってしまった世界。剣王と名乗る者が率いる悪の軍団によって支配され、横暴なやり方に人々は怯えて暮らす日々を送っている。再び平和を取り戻すために立ち向かう者の死闘を描いたゲーム。

闘いの挽歌十字キーと2ボタンのみのシンプルなゲームで、剣を振って攻撃、盾で防御というアクションをとれる。ちなみに武器などがないとパンチとキックになってしまう。

この盾で防御というゲームシステムが、「闘いの挽歌」の要ともいっていい。レトロゲームの時代だと、防御するというアクションゲームが非常に珍しかった。ゲームがまだ一般に浸透していない時代だったため、現代っ子のようにすんなりプレイすることはできず難易度が非常に高かった。

「闘いの挽歌」は、ゴリ押しではゲームを攻略できない闘いの美学を教えてくれる。盾で攻撃を防げるかどうかで主人公の命運を左右するくらい重要だ。

盾だけに頼らず、敵ごとに動きを変えていかなければいけないのも楽しみの1つ。敵の動き、攻撃パターンなどを見極め平和を取り戻そう。


タイトル 闘いの挽歌
メーカー カプコン
対応機種 ファミコン/WiiU
ジャンル アクションゲーム
発売日 1986年12月24日
価格 バーチャルコンソール:514円
プレイ人数 1〜2人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=PJ9uVY5HQBc]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-3-12

    「太鼓の達人 Nintendoswitchば~じょん!」Joy-Conをバチにして手軽に叩ける音楽ゲームへと進化!

    流行の曲をたっぷり詰め込んだ2018年版太鼓の達人! 多くのシリーズを出していてゲームセンターなど…
  2. 2018-6-16

    「Fallout 76」爆弾が投下されて25年、終末戦争後のアメリカへと一歩踏み出すRPG

    未だかつてないオープンワールドRPGのマルチプレイを体験しよう  Bethesda Game …
  3. 2018-2-16

    日本一ソフトウェア2018年期待の新作『嘘つき姫と盲目王子』目の見えない王子を救うために化物の嘘つき姫は冒険する

    全社員参加のコンペにより生まれたアクションアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフト…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る