『テイルズ オブ テンペスト』は泣けるほどの出来だったゲーム(TOT)

ニンテンドーDS初のテイルズは大失敗?『テイルズ オブ テンペスト』

テイルズ オブ テンペスト ゲームテイルズシリーズ初のニンテンドーDS用ゲームソフト。
メインであるマザーシップタイトルではなく、派生・外伝作品であるエスコートタイトルに分類されている。
本来はマザーシップタイトルとして制作され、批判が多かったためにエスコートタイトルに格下げになったのではないかと噂されている。
略称はTOT。カッコをつけて泣き顔のようといじられてしまうほどの出来の残念なゲーム…。

『テイルズ オブ テンペスト』の数々のゲームの欠点

テイルズ オブ テンペスト ゲームまず挙げられる『テイルズ オブ テンペスト』の欠点はボリュームのなさ。RPGにもかかわらず10時間ほどあればクリアできてしまうほどのボリューム。5,000円もするゲームとしてのボリュームは確実にないだろう。
そしてその10時間ほどのプレイにも濃い内容がなくシナリオがスカスカになっている。
OPムービーもアニメが少し挿入されるだけで大体は雑なポリゴンが動き回るだけのムービー。テイルズなんだから全部アニメーションで作れよ!

ニンテンドーDSのシステムに無理やり合わせたタッチペンの強要プレイ、無駄に広いフィールドなどゲームの操作性や性能も悪い。
とにかく『テイルズ オブ テンペスト』には光るものがない。

擁護できないクソゲーっぷり!

2度に渡る延期をしてなぜこのようなクソゲーになってしまったのか疑問。
グラフィック、戦闘、ストーリー、ボリューム全てにおいて光るものがなかったテイルズシリーズの黒歴史といっても過言ではないゲーム。
テンペストについて反省してか、『テイルズ オブ イノセンス』と『テイルズ オブ ハーツ』は携帯機を活かした操作性とテイルズらしい美麗なグラフィック、味のあるキャラクターとストーリーを見事に取り戻している。


タイトル テイルズ オブ テンペスト
メーカー ナムコ
対応機種 ニンテンドーDS
ジャンル RPG
発売日 2006年10月26日
価格 5,800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=c8ysMie2
Eyg&list=PLU0OlaRFwfgybhH8pRATGKlIt8ljHLKOx]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-3-12

    「太鼓の達人 Nintendoswitchば~じょん!」Joy-Conをバチにして手軽に叩ける音楽ゲームへと進化!

    流行の曲をたっぷり詰め込んだ2018年版太鼓の達人! 多くのシリーズを出していてゲームセンターなど…
  2. 2018-2-16

    日本一ソフトウェア2018年期待の新作『嘘つき姫と盲目王子』目の見えない王子を救うために化物の嘘つき姫は冒険する

    全社員参加のコンペにより生まれたアクションアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフト…
  3. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る