16連射必須!!?「高橋名人のBugってハニー」

TVアニメがゲーム化された鬼畜ゲーム

ファミコンの達人である高橋名人はアニメ化までされていて、そのBugってハニーというアニメからゲームになったのが「高橋名人のBugってハニー」です。グラフィックや音楽が非常にキレイで、BGMにはアニメの主題歌が使われるなどサービス精神旺盛なゲームです。

が、ヒントなどはないし、あまりにも難易度が高いブロック崩しなど優しいゲームではありませんでした。

最初は高橋名人は出てこないw

高橋名人のBugってハニーそう、ゲームを始めてすぐに操作するのはハニーという原人のガールフレンドなんです。ステージ1でキュラ大王に監禁されている高橋名人を救出し、そこから初めて高橋名人を操作することができます。

ハニーは空を飛ぶことができハートを投げて戦います。

高橋名人は石斧を持ち炎を飛ばしたりして攻撃します。

一味違うパスワードシステム

高橋名人のBugってハニー「高橋名人のBugってハニー」のゲームシステム自体はありがちなアクションなのですが、ボスの前に大きな扉があり8つのパスワードを集める必要があります。普通パスワードっていうと、ゲームを途中から再開するためのものですが、「高橋名人のBugってハニー」ではゲームを進める鍵となります。

これがなかなか鬼畜で、セーブなどがないため基本的にぶっ通しでゲームをやらなければいけません。しかもゲームオーバーになると集めたパスワードは全部消えてやり直し・・・。一応、コンティニューコマンドというものがあるんですが、扉を開くパスワードはなくなるので実質やり直しと変わりません。

ブロック崩しのHELLステージが鬼畜すぎる

高橋名人のBugってハニーまずブロック崩しでもパスワードを集めます。正解文字やダミー文字といったものが決まっているものの、初見でプレイした場合は死にながら覚えていくしかないのである意味死にゲーとも言えますね。

で、HELLステージでは破壊不能ブロックがあちこちに置かれ、ボールのスピードがあまりにも速いため、普通にプレイしているとミスの嵐になります。

タマゴを出すために16連射必須!

高橋名人と言えば連射ですよね。「高橋名人のBugってハニー」の一部のステージでは高橋名人の銅像があり、何故か16連射しないとタマゴが出ないという。しかも敵が出てくるので非常にやりにくい。ラスボスを前にしてコントローラーを投げ、電源ボタンを16連射して消したプレイヤーもいたとかいないとか。


タイトル 高橋名人のBugってハニー
メーカー ハドソン
対応機種 ファミリーコンピュータ
ジャンル アクション
発売日 1987年6月5日
価格 5500円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=m5lmas2L6NM]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-6

    『Eastward』緩やかに滅びゆく世界を冒険するアクションRPG

    限られた時間を精一杯生きる2人に胸を打たれる さて、今回紹介するのは、インディーパブリッシャーCh…
  2. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…
  3. 2018-1-26

    「NINTENDO LABO(ニンテンドーラボ)」新感覚すぎる!ダンボール工作×ゲームによる革命!

    ダンボールでコントローラを作ったり、デコったり、ゲームと連動したり! つくる、あそぶ、わかる、とい…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る