『スウィートホーム』後のホラーゲームに多大なる影響を与えた名作

見事ドット絵で映画の恐怖を演出したホラーゲーム『スウィートホーム』

スウィートホーム ホラーゲーム

『スウィートホーム』は1989年に放映された同名のホラー映画を原作にしたホラーゲーム。
後にサバイバルホラーの金字塔となった「バイオハザードシリーズ」の基盤にもなり、その他全般のホラーゲームに影響を与えた。

テレビ取材班に亡霊が襲いかかる!

スウィートホーム ホラーゲーム有名な画家であった故人間宮一郎氏の屋敷に未公開のフレスコ画があるという情報を聞いてテレビ局の取材班は屋敷に潜入した。しかし、間宮夫人の亡霊が現れ、取材班に襲い掛かってきた。取材班は屋敷から出ることができるのか。

パーティメンバーをチェンジしながらクリアを目指す!

スウィートホーム ホラーゲームプレイキャラクターはテレビ局の取材班5人で、パーティ定員は3人まで。

  • 星野和夫:プロデューサー
  • 早川秋子:ディレクター
  • 田口亮:カメラマン
  • アスカ:ナレーター
  • エミ:和夫の娘

それぞれ異なる特殊能力を持っており、状況によって切り替えて進めていく。

シビアなリソース管理が恐怖を煽る!

スウィートホーム ホラーゲーム武器屋やアイテム屋という概念は存在せず、全て現地調達で手に入れたものでやりくりしなければならない。
敵がお金やアイテムを落とすこともなく、アイテムは全て有限なのでむやみに使いすぎるとかなり戦況が悪くなる。
このシビアなリソース管理はバイオハザードに取り入れられているゲームシステムの一つ。

ハード制限の中、工夫を重ねた恐怖演出

BGMはいわゆるファミコン音楽だが、その制限の中でも不穏な音楽を作ることに成功している。
また、ドアのカギを開けた時は軋みの環境音とともにドアを開けるアニメーションが挿入される。
おわかりだと思うが、この演出はバイオハザードに継承され、バイオハザードの代表的恐怖演出となっている。


タイトル スウィートホーム
メーカー
対応機種 ファミリーコンピュータ
ジャンル ホラーゲーム
発売日 1989年12月15日
価格 6,500円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=n8IkIv27xLk]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2016-12-7

    『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』伝説の神ゲー完全復活!

    あの神ゲーがフルリメイクされPS4でゲームが発売! ソニーコンピューターエンターテイメントから、伝…
  2. 2017-6-14

    「ヨッシー クラフトワールド」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険するアクション!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNint…
  3. 2018-11-8

    「ドラゴンクエストモンスターズ最新作(仮称)」カミュとマヤが主人公となってモンスターと一緒に冒険か?!

    ジョーカーシリーズでもリメイクでもない完全新作RPGのドラクエモンスターズ登場!  ドラクエモ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る