全てが隠し要素の鬼畜ゲー「スーパーピットフォール」

海外ゲームを国内アレンジしたクソゲー

スーパーピットフォール「スーパーピットフォール」は、海外の洞窟探索アクションゲーム「Pitfall Lost Caverns」を日本のゲーム機であるファミコンにアレンジしたゲーム。なのだが…アレンジしすぎて、もはや別のゲームになり、しかも劣化具合がヒドイという有様に。

「スーパーピットフォール」は、あの有名な即死ゲー「スペランカー」に似た世界観で洞窟を探検するアクションゲーム。十字キーで移動、Bボタンで攻撃、Aボタンでジャンプというオーソドックスなもの。ゲームの目的は宝物であるラージダイヤを見つけ、地底人にさらわれてしまった姪っ子のロンダを救い出すこと。

「スーパーピットフォール」の鬼畜ポイント

スーパーピットフォールまず、全てが隠し要素。というのも、ほとんどのアイテムがフィールドに隠されている。戦うために必要なピストルでさえも隠れているのだから手が震える。
そして、ステージを進むのに必須であるワープポイントも隠されている。本気の探索を味わえるともいえなくもないが、ゲームなのだから子供に優しい仕様にしないと悲鳴を上げてしまう。しかも、壁にジャンプして突っ込まなければいけないような場所もあったり、鳥にぶつからなければ先に進めなかったりと一筋縄ではいかない。ものすごく柔軟な発想が要求される。

コンティニューさえも裏コマンドを入力しなければいけない。もちろん説明書には載っていない。

体力制ではないため、死にゲーの要素が非常に強い。ハシゴを踏み外しても死んでしまうので注意。たぶん打ちどころが悪いのだろう。

さらに驚きなのが、ロンダを救出したらゲームクリアではない!スタート地点まで戻って生還してこそ「スーパーピットフォール」のクリアなのだ!

スーパーマリオブラザーズを意識しているのが、グラフィックなどから伝わってきてちょっぴり笑える。

この広大なダンジョンをノーヒントで探索する鬼畜ゲーム「スーパーピットフォール」。探しものが得意というアナタにぜひプレイしてもらいたいゲームです。

タイトル スーパーピットフォール
メーカー ポニーキャニオン
対応機種 ファミコン
ジャンル アクションゲーム
発売日 1986年9月5日
価格  5500円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=UOKMNK-pXCo]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-6

    『Eastward』緩やかに滅びゆく世界を冒険するアクションRPG

    限られた時間を精一杯生きる2人に胸を打たれる さて、今回紹介するのは、インディーパブリッシャーCh…
  2. 2018-7-8

    「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」ダークで和風な侍アクションゲームがフロムソフトウェアから登場!

    ダークファンタジーな戦国時代の忍びの戦いを描くアクションゲーム  「隻狼-SEKIRO:SHA…
  3. 2016-12-7

    『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』伝説の神ゲー完全復活!

    あの神ゲーがフルリメイクされPS4でゲームが発売! ソニーコンピューターエンターテイメントから、伝…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る