「スーパーガチャポンワールド SDガンダムX」ガンダムのユニットを動かし戦う戦略シミュレーションゲーム

SDガンダムを自在に配置して戦場で戦い抜くウォーシミュレーション

90年代という時代にSDガンダムを題材にした戦略ゲームの「スーパーガチャポンワールド SDガンダムX」。当時はガンダムのガチャポンがすごく流行っていて、それらをユニットして使えるゲームとして注目を集めました。スーファミのゲームですが、2018年にNintendo Switchに移植もされています。

シミュレーションとアクションの2パートがある

「スーパーガチャポンワールド SDガンダムX」は過去作の基本的なゲームシステムをそのまま受け継いでいてグラフィックやシステムに改良を加えたものとなっています。(といっても昔の話ですが・・・)

ユニットの生産や移動を行うシミュレーションパートとアクションによる戦闘を行うパートに分かれているのが、ちょっと戦略ゲームとしては一味違うところ。

テクニカルレベルという技術力を表す数字があって、これをどんどん上げていくことでより強いユニットを生み出したり、生産コストを抑えて生み出せたりするので、どのような配分で戦っていくかなど戦況を分ける重要な要素となっています。またユニットにはレベルやステータスもあり、アクションバトルに参加して実績を残すとレベル上がり能力アップしていきます。お気に入りを育てたり、バランスよく育てたり、プレイの幅が広がりますね。

また、「スーパーガチャポンワールド SDガンダムX」に登場するユニットの種類は大きく分けて小型・大型・艦船となっています。それぞれ役割や性能などが違っているので上手に使いこなし配置していくことがゲーム攻略のコツ。

5つの登場勢力

ガンダムと言えばロボットによる戦争ですからね、どのような勢力があるかもファンにとっては重要なところでしょう。「スーパーガチャポンワールド SDガンダムX」には全部で5種類の勢力が登場します。

  • 地球連邦軍
  • ティターンズ
  • アクシズ
  • ネオ・ジオン
  • クロスボーン・バンガード

という風になっています。それぞれユニットに特徴があり、量産型が主流だったり、メイン級のユニットが多かったりと勢力ごとに違っています。自分がどこに所属したいか、どんなプレイをしたいかで選んでみてはどうでしょう。

スーパーガチャポンワールド SDガンダムXの評価・レビュー

プレイヤー自身が指揮官となってガンダムを動かし戦いを繰り広げていけるというのが魅力的なポイント。ガンダムからザク、ドムと定番の機体も登場するので多少知っている程度の人でも十分楽しめますし、当然戦略ゲームとしてガンダムを全く知らなくても楽しめる内容になっていると思います。

スーファミでしかプレイできませんでしたが、時代は進み2018年Nintendo Switchに移植されたので再びプレイできることに喜びを覚える人もいるのではないかなと思います。

スーパーガチャポンワールド SDガンダムXの発売日はいつ?

「スーパーガチャポンワールド SDガンダムX」は1992年9月18日に発売が決定しています。

タイトル スーパーガチャポンワールド SDガンダムX
メーカー ユタカ
バンダイナムコエンターテインメント
対応機種 スーパーファミコン
Nintendo Switch
ジャンル ウォーシミュレーションゲーム
発売日 1992年9月18日
価格 918円(Nintendo Switch)
プレイ人数 1~2人

 

画像引用元:

[https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000005701]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…
  2. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…
  3. 2018-7-8

    「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」ダークで和風な侍アクションゲームがフロムソフトウェアから登場!

    ダークファンタジーな戦国時代の忍びの戦いを描くアクションゲーム  「隻狼-SEKIRO:SHA…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る