「Suicide Guy」おじさんが自分自身から脱出するアクションパズルゲーム

パロディ豊富で自殺をコミカルに演出したバカゲー

「Suicide Guy」は、タイトルにスーサイドとあるように自殺がテーマとなっているゲームです。何ともネガティブなキーワードですが、ゲーム自体はコミカルでバカゲーのジャンルかなと。設定自体も夢から目を覚めるために必要なことが、自ら命を絶つというものになっています。

一人称視点で繰り広げるパズルゲーム

「Suicide Guy」は、一人称視点(FPS)でおじさんになってゲームの世界を冒険していくことになります。アクションとしては動くくらいのものなので、パズルが主体のゲームになっています。アイテムを拾い上げたり、投げたり、メカを使ったり、車を運転したりして解いていくわけですが、何故かゲップもできるというお下劣な要素も。コレクターアイテムもあったり、レベルが全部で25用意されていたりと、やりこみ要素も兼ね備えています。

夢の中ということもあり、宇宙へ行ったり、ドラゴンが出てきたりとかなりやりたい放題な世界となっています。スクリーンショットでは何故かドラゴンと一緒に洗濯機みたいなものもあるし、かなりカオスな世界観。しかし酔っ払っているので本当は現実なのかも?

なんだかおじさんが可愛く見える

「Suicide Guy」は基本的に一人称視点(FPS)なので、おじさんの顔は見えないんですが、どうでしょうこのスクリーンショット。なんかちょっとキュート。ブサカワって言うのでしょうか、こんなおじさんに魅力を感じてしまっている僕は「Suicide Guy」の毒にやられているのかもしれませんね。

パロディがすごい自殺のオンパレード

「Suicide Guy」では、コミカルな自殺が色々と用意されていて、かなりパロっててわかる人にはわかるといった感じでクスッとくるかもしれません。色んな映画とかドラマなどを元ネタにやらかしてます。海外ゲームなので、基本的には海外のパロディが多いですが、日本でも有名なものも多いのでわかる人は大勢いるかなと。スクリーンショットは一目瞭然ですよね、たぶん誰もが知っているあのゲーム。

「Suicide Guy」のゲームのボリュームは数時間程度なので、ちょっと笑いたい、気軽に楽しめるアクションパズルがやりたい、そんな人におすすめのゲームです。価格的にもちょうどいいボリュームだと思います。ただ自殺というブラックジョークが無理という人や3D酔いしやすいという人は注意しておきましょう。

Suicide Guyの発売日はいつ?

「Suicide Guy」は、Steamで2017年7月15日に発売されました。


タイトル Suicide Guy
メーカー Chubby Pixel
対応機種 Steam/Nintendoswitch
ジャンル アクションパズルゲーム
発売日 2017年7月15日
価格 498円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://store.steampowered.com/app/303610/Suicide_Guy/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-4-27

    『11-11: Memories Retold』悲惨な第一次世界大戦の記憶を追うアドベンチャーゲーム

    終戦日である1918年の11月11日、生き残りの兵士の記憶を辿るナラティブアドベンチャー さて、今…
  2. 2017-6-14

    「ヨッシー for Nintendoswitch(仮称)」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNinten…
  3. 2018-2-16

    日本一ソフトウェア2018年期待の新作『嘘つき姫と盲目王子』目の見えない王子を救うために化物の嘘つき姫は冒険する

    全社員参加のコンペにより生まれたアクションアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフト…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る