『State of Mind(ステイト・オブ・マインド)』の低ポリゴンなのが逆に魅力なSFアドベンチャーゲーム

仮想世界で生きるか、それとも現実世界で生き抜くか、スリリングなストーリーが展開される

E3 2016の初日に、ドイツのパブリッシャDaedalic Entertainmentより低ポリゴンが魅力のアドベンチャーゲーム『State of Mind(ステイト・オブ・マインド)』が発表されました。プラットフォームはPlaystation4/XboxOne/PC/Steamのマルチプラットフォームとなっています。2018年にはNintendoswitchでの発売も発表されました。

今時珍しい低ポリゴンな『State of Mind(ステイト・オブ・マインド)』のグラフィックがゲーマーの間で話題になっております。

近未来における機械と心を描くストーリー

State of Mind(ステイト・オブ・マインド) 1本作『State of Mind(ステイト・オブ・マインド)』は2048年のベルリンがゲームの舞台となっており、人間とアンドロイド(ロボット)が共存する世界のようです。アンドロイドの見た目はまるで人間そっくりで、人間かアンドロイドなのか見分けがつかない世界でゲームストーリーが進んでいきます。本作『State of Mind(ステイト・オブ・マインド)』は政府公認のバーチャルリアリティプログラム「City5」に人間の意識そのものを移植して仮想現実の世界で生きていくことを推奨されるという世界観。

State of Mind(ステイト・オブ・マインド) 3

ゲームの世界では、技術発展を公に批判しているジャーナリストのリチャード・ノーランとなって、資源の枯渇、空気汚染、水質汚染、病の蔓延、犯罪、戦争といったものに直面していきます。爆発直後の病床から目をさますところからストーリーが始まり、妻と息子の謎の失踪を知り愕然とします。家族、人類、そういった運命を左右する世界的な規模の陰謀がスリリングに展開されていく様は、きっとゲームをプレイしていて圧巻することでしょう。全部で5人のキャラクターを通してストーリーが展開されていくようです。

本作『State of Mind(ステイト・オブ・マインド)』のストーリーはドイツの有名なSF作家マーティン・ガンテフォッハー(Martin Gantefohr)氏が書き下ろしをしたとのことで、そこにもまた期待が高まります。低ポリゴンだからこそ表現することができる素敵な世界観でいったいどのように物語は進んでいくのか、『State of Mind(ステイト・オブ・マインド)』は期待が大きいゲームですね。

あえて低ポリゴンで挑戦するゲームスタイル

State of Mind(ステイト・オブ・マインド) 2低ポリゴンのゲームだが、グラフィックが汚いというわけではなく、「あえて低ポリゴン」で表現している感じのゲームになっております。なので、グラフィックに関しては普通に綺麗です。むしろキャパオーバーしてしまっている無駄に高画質なゲームより全然良いです。

State of Mind(ステイト・オブ・マインド)の評価・レビュー

ゲーム最大の魅力は何と言っても重厚な世界観とストーリーでしょうね。近未来で起こる事件ですが、技術がどんどん進歩していっている現代から考えても、まったく他人事ではないと思わせる物語だと思います。ゲーム自体はアドベンチャーなので、どこまでこの世界観とストーリーに興味を持つかというのがポイントになります。SFな世界観よりも、サスペンスの映画やドラマをよく見ていて好きだという人に特におすすめだと感じました。

State of Mind(ステイト・オブ・マインド)の発売日はいつ?

本作『State of Mind(ステイト・オブ・マインド)』ですが、2018年8月に海外配信が決まっています。海外ゲームではありますが、Steamでは日本語対応されるとアナウンスされています。

タイトル State of Mind(ステイト・オブ・マインド)
メーカー Daedalic Entertainment
対応機種 PlayStation4
XboxOne
PC
Steam
Nintendoswitch
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 2018年8月
価格
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/embed/0INc_35W6PI]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-6

    『Eastward』緩やかに滅びゆく世界を冒険するアクションRPG

    限られた時間を精一杯生きる2人に胸を打たれる さて、今回紹介するのは、インディーパブリッシャーCh…
  2. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…
  3. 2017-12-26

    「ベヨネッタ3」美しすぎる魔女が再び!超スタイリッシュアクションゲーム!

    派手に!美しく!華麗に戦うベヨネッタ最新作! アメリカで開催されたTheGameAwards201…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る