「Spiral Splatter」ぶつからずにゴールを目指す電撃イライラ棒風のアクションゲーム

意地悪なギミック多数でやりがいのあるアクションゲーム

みなさんは電撃イライラ棒を知っているでしょうか?ウッチャンナンチャンのテレビ番組でやっていた企画で、たくさんある障害物やコースフレームにぶつからないように棒をゴールまで運んでいくというゲーム。

そんな電撃イライラ棒をゲームにしたようなのが「Spiral Splatter」です。豊富なギミックや操作感といったものがゲームならではの仕上がりとなっています。

ボールを動かすというシンプルなゲーム

「Spiral Splatter」におけるゲームシステムとしてはボールを動かしゴールを目指すという一点のみ。ボールを動かして100以上も用意されているステージを攻略していくわけですが、たくさんのギミックが用意されているため一筋縄ではいきません。

狭い通路はもちろんのこと、回転するプロペラのようなもの、砲撃してくるもの、動く壁などなどかなりイヤらしくプレイヤーのプレイを邪魔してきます。当たればワンパンで即死なので、慎重になりつつも時には大胆さが必要ともなるアクションゲームです。

邪魔ばかりするギミックばかりではなく、ワープやスイッチといったものも用意されています。先に進むためには危険を犯してでもそこに行かなければいけなかったりするので、ちょっとしたパズルとしてのゲーム要素も兼ね備えています。

「Spiral Splatter」では、ボールをコントロールできる能力が一番重要ではありますが、適当に動き回れば動き回るほど死亡率は上がるので、的確なルートを判断するのがゲーム攻略のコツではないかと思います。

「Spiral Splatter」には一応タイムがありますが、時間制限ではないので自分のペースでステージクリアを目指すことができるのも良い点。しかし、クリアタイムによって星で評価されるので、最高の3つ星評価を狙うのであれば結構やりこんで遊ぶことができ、値段以上に楽しむことができるゲームだと思います。

カラフルでユーザーのことを考えているゲーム

「Spiral Splatter」は、とにかくグラフィックがカラフルで楽しい気分にしてくれます。そしてSEやエフェクトといった細かい部分も軽快でとても気持ちがいいです。ステージも1つの画面で構成されていて、とてもわかりやすく、そこがまたスタイリッシュです。

ゲームの性質上、即死が非常に多くなるのが「Spiral Splatter」の特徴ですが、リトライが非常にスムーズで素早く再チャレンジできるためストレスフリーです。難易度は高く意地悪なギミックが多いですが、鬼畜というほどではないので何度もプレイしているうちにクリアすることが誰でも可能なアクションゲームだと思います。

Spiral Splatterの発売日はいつ?

「Spiral Splatter」は2016年2月25日に発売されています。英語のゲームですが、言葉はまったく必要なく直感で遊べます。300円ほどの安価なゲームですが、スマホは基本プレイ無料となっているので気になった方はそちらからプレイしてみるのもいいのではと思います。

タイトル Spiral Splatter
メーカー Luc Versleijen
対応機種 PS4/Nintendoswitch/Steam/iOS/Android
ジャンル アクションゲーム
発売日 2016年2月25日
価格 無料~298円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://store.steampowered.com/app/684870/Spiral_Splatter/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-8-10

    「JUMP FORCE」リアルすぎるジャンプキャラ総出の対戦アクションゲーム

    多くのジャンプ漫画のキャラクターが集う創刊50年を記念したゲーム  日本の漫画雑誌で多くの少年…
  2. 2018-3-12

    「太鼓の達人 Nintendoswitchば~じょん!」Joy-Conをバチにして手軽に叩ける音楽ゲームへと進化!

    流行の曲をたっぷり詰め込んだ2018年版太鼓の達人! 多くのシリーズを出していてゲームセンターなど…
  3. 2017-12-26

    「ベヨネッタ3」美しすぎる魔女が再び!超スタイリッシュアクションゲーム!

    派手に!美しく!華麗に戦うベヨネッタ最新作! アメリカで開催されたTheGameAwards201…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る