『Special Delivery(スペシャルデリバリー)』障害物を避けながら新聞を配達する非現実的なVRゲーム

購読者数の増加や配達ルートの拡大も視野に入れて動く新聞配達ゲーム

さて、今回紹介するのはMeerkat Gaming LLCより2018年4月6日に発売が開始されているアクションゲームの『Special Delivery(スペシャルデリバリー)』。対応プラットフォームはPlayStation4(PlayStationVR必須)、価格は1080円となっている。

簡単そうに見えて一筋縄ではいかないゲームシステム

本作『Special Delivery(スペシャルデリバリー)』は、車や竜巻などの障害物を避けながら新聞を配達するというゲーム。ただただ新聞を配達するだけではなく、購読者数の増加や配達ルートの拡大まで視野に入れなければならず、そこが本作『Special Delivery(スペシャルデリバリー)』ならではの最大の特徴とも言える。一見簡単に見える新聞配達だが、本作『Special Delivery(スペシャルデリバリー)』では生き残りをかけて命がけで配達をしなければならない。より多くの家へ配達できるように死なない程度に頑張っていこう。

『Special Delivery(スペシャルデリバリー)』にはライバル会社との戦いも

また本作『Special Delivery(スペシャルデリバリー)』には、もちろんライバル会社も存在する。毎週日曜日に勝負をけしかけてくる好戦的なライバル会社「Daily Inquisitor(デイリー・インクイジター)」との戦いにもできれば勝利しておきたい。配達の速度に気を取られすぎていると障害物にやられてしまうので、広い視野を持って配達をする必要がある。

VRならではの立体的な臨場感の中で新聞配達を楽しむことが出来る本作『Special Delivery(スペシャルデリバリー)』。かなりユニークなゲームシステムになっているし、日常ではありえないことが立て続けに起こる非日常的な面白さも味わえる。バカゲーだと思って舐めていると痛い目にあうことは間違いなし。時間が空いてる人やVRゲームに慣れたいという人には是非オススメしたいタイトルの1つだ。


さて、いかがだろうか。本作『Special Delivery(スペシャルデリバリー)』では、車や竜巻などだけではなく横から転がってくるタイヤやデスサイズを持って襲いかかってくる死神など、様々な障害が用意されている。ゲームならではの要素がふんだんに詰め込まれているのでなかなか飽きが来ない珍しいVRゲームと言える。ただ色んな方向を向くことになるので首が痛くなってしまうのが難点だ。

タイトル Special Delivery(スペシャルデリバリー)
メーカー Meerkat Gaming LLC
対応機種 PlayStationVR
Steam
ジャンル アクションゲーム
発売日 2018年4月6日
価格 1080円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.jp.playstation.com/games/special-delivery-ps4/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…
  2. 2018-1-18

    『DARK SOULS REMASTERED』現世代機向けに進化し名作ゲームがリマスターとして蘇る

    グラフィックだけじゃなくオンラインマルチプレイの拡張も行ったアクションRPG 今回紹介するのは、フ…
  3. 2018-4-19

    『グランクレスト戦記』水野良氏のファンタジーノベルがPS4のゲームに登場

    大陸統一を目指して自分だけの冒険を紡いでいく戦略アクションシミュレーションRPG さて、今回紹介す…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る