零戦を操縦「スカイデストロイヤー」

敵の攻撃を華麗にかいくぐる爽快シューティングゲーム!

スカイデストロイヤースカイデストロイヤーでは、日本が第二次世界大戦で活躍した零戦を操ります。機関銃と魚雷を使い敵の要塞を爆撃しに向かう。スカイデストロイヤーというゲームタイトルから凄惨な殺し屋をイメージしてしまうが、当時零戦が与えた恐怖はまさに空の破壊者「スカイデストロイヤー」だったのかもしれない。零戦に魚雷を積むなんて無理だろうとか考えてはいけない。

スカイデストロイヤーのゲームシステム

スカイデストロイヤースカイデストロイヤーの魅力はなんといっても擬似的な3Dグラフィックス。遠方の空から敵軍の戦闘機がビュンビュン飛んで来る様はなかなか爽快。朝、昼、夕方、夜という4つの構成がされていて、最終的にたどり着く敵軍要塞の砲台に魚雷を放てばゲームクリア。

スカイデストロイヤーは基本的にループゲームで、クリアするとどんどん難易度があがっていく。終わりがないため、自分の操縦でどこまで行けるのか、スカイデストロイヤーで限界に挑戦できる。

スカイデストロイヤースカイデストロイヤーの操作は、そんなに難しいものではなく、十字キーで操縦することで上下左右のスクロールができるようになっている。この操作で高度を上げたり下げたりすることができるのだが、高度を下げすぎると海に衝突して爆破してしまう。スカイデストロイヤーのここらへんが何気にリアル。

ヘルキャットや爆撃機B-24、航空母艦、戦艦、潜水艦、海上要塞など、スカイデストロイヤーは敵の種類もバリエーションが豊富。爆撃機は少し面倒で、4つのエンジンを破壊しなければいけない。

スカイデストロイヤーにも3Dシューティングゲームの呪いがある。呪いとは、敵の弾が自機と被って目でとらえるのが遅れて爆死するということだ。仕方のないことだが、不意に死ぬことがあるのでスカイデストロイヤーをプレイしていて理不尽に感じることもしばしば。

悲惨な戦争である第二次世界大戦をベースとしたゲーム「スカイデストロイヤー」で、あの当時のことを何か少し体験できるかもしれない。

タイトル スカイデストロイヤー
メーカー タイトー
対応機種 ファミコン
ジャンル シューティングゲーム
発売日 1985年11月14日
価格  4500円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=Sap4x-gTtLQ]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-4-21

    『世界樹の迷宮X(クロス)』かつての人気職業がたくさん登場するローグライクRPG

    2018年シリーズ最新作、そして3DSでは最後となるゲームタイトル さて、今回紹介するのはアトラス…
  2. 2018-6-22

    「Twin Mirror」空白の時間に何があったのか…ミステリー強めなアドベンチャーゲーム

    目覚めると血まみれのシャツ、心理的なスリラーを味わえるアドベンチャーゲーム  E3 2018で…
  3. 2018-8-10

    「JUMP FORCE」リアルすぎるジャンプキャラ総出の対戦アクションゲーム

    多くのジャンプ漫画のキャラクターが集う創刊50年を記念したゲーム  日本の漫画雑誌で多くの少年…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る