『Sir Eatsalot』カートゥーンな世界を冒険し尽くす太っちょ騎士のアドベンチャーゲーム

デブだけど立派な騎士”サー・イツアロット”が世界の危機を救うアクションアドベンチャー

さて、今回紹介するのはEastasiasoft Limitedより2018年4月6日に発売が開始されているアドベンチャーゲームの『Sir Eatsalot』。対応プラットフォームはPlaystationVita、価格は1280円となっている。

本作『Sir Eatsalot』では、スイーツや美味しい食べ物でいっぱいのカートゥーン世界を舞台に、デブな騎士”サー・イツアロット”を操作して邪悪な魔女を倒すという愉快なアドベンチャーを楽しむことが出来るようだ。グラッティントン王国を腐ったレモネードで汚染した邪悪な魔女”ヒステリカ”を見つけ出し、彼女の悪事に終止符を打つことが出来るのか。あなたはのんきな生活をやめて冒険に出ることが出来るのか。力が抜けるようなカートゥーン調のグラフィックがとても癖になりそうなゲームタイトルだ。

PlaystationVitaの特性を活かしたプレイングが魅力

ドイツを拠点として活動するBehind the Stoneが開発を手がける本作『Sir Eatsalot』では、手描きのグラフィックでゲームを楽しむことが出来る。また、PlaystationVitaというプラットフォームを最大限にまで活かしたプレイが出来るように開発が進められたとのことで、サー・イツアロットのコミカルな旅をより楽しむことが出来るように念入りなチェックが行われた。デブで呑気なサー・イツアロットは、この冒険を通じて様々な仲間たちと出会い、色んな物語を経験することになるようだ。

アクション要素もあり、2Dスタイルで進んでいくことになるのだが、スピード感などは見た目通りであまりなくのんびりと世界を楽しむアドベンチャー重視となっている。内容自体もアメリカのアニメのようなポップでコミカルなものになっているので、子供から大人まで楽しめるゲームだと思う。

公開されているスクリーンショットでは文字表記が英語となっているが、日本語はもちろんのこと英語、繁体中国語、韓国語、ドイツ語でプレイすることが可能。また、本作『Sir Eatsalot』に用意されているパズルは、タッチスクリーンやジャイロセンサーなどPlaystationVitaならではのユニークなシステムで遊ぶことが出来るようだ。


カートゥーン調がなんだか癖になりそうなタイトルの『Sir Eatsalot』。主人公が、正義の騎士らしからぬ体型をしているのが笑いを誘う。こんなお腹で剣握れるのか。剣振れるのか。コミカルで愉快なストーリーが描かれているとのことなので、主人公のこのデブ加減もいじってくれることは間違いないだろう。気になる方には是非チェックしていただきたいタイトルだが、上京してから20kg太った僕の心は耐えられそうにないので痩せてからプレイしようと思う。

タイトル Sir Eatsalot
メーカー Eastasiasoft Limited
対応機種 PlaystationVita
ジャンル アクションアドベンチャーゲーム
発売日 2018年4月6日
価格 1280円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.jp.playstation.com/games/sir-eatsalot-psvita/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-13

    「スーパー マリオパーティ」あの定番パーティゲームが進化してNintendoswitchに登場!

    どこでも!みんなと!盛り上がれる!最強パーティゲーム誕生!  任天堂からハードが発売されるたび…
  2. 2016-2-28

    『キングダムハーツ3』ピアノが導く最果てへの鍵となるアクションRPG

    キングダムハーツ久しぶりのナンバリングタイトルとなるゲームの全容はいかに・・・!? ディズニーキャ…
  3. 2018-5-22

    『Call of Duty: Black Ops 4』多彩なアクションで立ちはだかる強敵を砕く爽快なFPS!

    アタッチメントの登場で大きな進化を遂げた2018年最新作のゲーム さて、今回紹介するのはActiv…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る