「サイレントヒルZERO」はアクション強めのホラーゲーム

携帯ゲーム機でホラーゲーム「サイレントヒル」が登場!

ホラーゲームサイレントヒルシリーズの5作目にあたるホラーゲーム。
ファーストタイトル「サイレントヒル」の物語以前を描いています。
しかし開発はコナミではなく、海外のクライマックススタジオが開発しています。

ストーリー

ホラーゲームトラックの運転手トラヴィス・グレンディはサイレントヒルへ向かっている途中、1人の少女を見かける。立ち去った少女を不審に思い、後を追うと燃える一軒家を発見した。中からの少女の叫び声を聞いたトラヴィスは家の中に飛び込み全身に火傷を負った少女を助け出したが、そこで気を失ってしまう。目を覚ますとトラヴィスはサイレントヒルにいた。

「サイレントヒルZERO」不評点

サイレントヒルシリーズ同様、表世界と裏世界が存在しますが、鏡を通じて世界を行き来することができます。
表世界で行き詰った時、裏世界へ移動し進んでいくといった移動手段のような扱いになっています。
しかし、裏世界はサイレントヒルの世界観を決定づける重大な要素の一つで、そんなマリオの土管のような扱いでいいのかという声があります。

ストーリーの奥深さが薄い

主人公のトラヴィスは、サイレントヒルを進んでいくにつれて自分が抱えていたトラウマを思い出していきます。
「サイレントヒル2」と似たような設定ですが、従来のシリーズの主人公はサイレントヒルと何かしらの関連性を持っていてサイレントヒルの街にたどり着いたわけです。
しかし本作のトラヴィスはあまり関係がないので、ストーリーに入り込めないプレイヤーが多かったみたいです。

アクション要素が強いホラーゲーム

ホラーゲーム開発陣が異なるため、かなりの相違や難があるホラーゲームになってしまいました。
ZEROという名を冠しているわりには解かれる謎はほとんどなく、奥深いホラーゲームがアクションホラーゲームになってしまった印象。
素手で敵を殴ったりテレビ投げたりできますからね。
さらに従来のシリーズと操作性も異なり、ファンからはアクションも楽しみづらいと反感を買うはめに…。
従来の作品と比べるともちろんあれですがゲーム自体は悪くなくグラフィックもとても綺麗で、     サイレントヒル初見の人は楽しめると思うホラーゲームです。

タイトル サイレントヒルZERO
メーカー コナミ
対応機種 PSP
ジャンル ホラー
発売日 2007年12月6日
価格 5,229円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=EKvTk9tfUjI&list=PLdtPf0wEC8dCyxyEQ-7X6-YbFYO5uqYY3]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-11-9

    「DELTARUNE」多くの感動を呼んだUndertaleの続編が登場?!謎多きRPG!

    前日譚?パラレルワールド?Undertaleの世界を再び味わおう! Undertaleと聞けば…
  2. 2017-8-7

    『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』シリーズ30周年を祝うサウンドボックスゲーム第二弾

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…
  3. 2017-12-26

    「ベヨネッタ3」美しすぎる魔女が再び!超スタイリッシュアクションゲーム!

    派手に!美しく!華麗に戦うベヨネッタ最新作! アメリカで開催されたTheGameAwards201…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る