敵の血を浴びて戦う過激アクション!『Shadow of the Beast』

”ビースト”だからこそ出来るド派手アクション

さて本日紹介するゲームは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより2016年5月19日に発売を控えている『Shadow of the Beast』です。タイトルにもあるように、敵の血を浴びて戦うというとてもバイオレンス極まりないアクションゲームになっており、18歳以下の方はプレイすることが出来ませんので注意を

Shadow of the Beast 1

Shadow of the Beast 6

Shadow of the Beast 2本作『Shadow of the Beast』は1989年に海外で発売されて話題を呼び、日本での発売後もコアな人気を誇ったゲームのPS4版にあたるもので、何から何まで進化して登場します。

舞台設定やグラフィックなど、当時から評価の高かった部分をブラッシュアップしており、さらにアクションや操作性などの面でも非常に進化しているゲームです。かなり楽しみですね。

Shadow of the Beast 4本作『Shadow of the Beast』は横スクロールアクションゲームとなっており、敵を倒したり様々なトラップを回避したりすることによってゲームが進んで行きます。プレイヤーである主人公のアーブロンは、暴君「マレトス」の思惑によって人とは異なる存在である“ビースト”へと変えられてしまった人物であり、そんな彼だからこそ繰り出すことが出来る華麗でド派手なアクションは目を奪われます。

敵の血を吸収してゲージをためていき、ゲージが溜まったら繰り出すことが出来る必殺技も用意されており、アクション性にはかなり期待ができると思います。ド迫力なボス戦や、ブラッシュアップされたBGMなども『Shadow of the Beast』の魅力の1つでしょう。

Shadow of the Beast 3僕自身は『Shadow of the Beast』の原作をプレイしたことはないのですが、そのお得なお値段とプロモーションビデオから見て取れるアクションの魅力にとても興味が沸きました。もし気になったという人がいるのであれば、ぜひ公式サイトも確認してみてください。

タイトル Shadow of the Beast
メーカー ソニー・インタラクティブエンタテインメント
対応機種 PS4
ジャンル アクション
発売日 2016年5月19日
価格 2160円(ダウンロード版のみの販売)
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://www.jp.playstation.com/software/
title/shadow-of-the-beast.html]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-6-14

    「ヨッシー クラフトワールド」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険するアクション!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNint…
  2. 2017-8-7

    『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』シリーズ30周年を祝うサウンドボックスゲーム第二弾

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…
  3. 2018-7-8

    「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」ダークで和風な侍アクションゲームがフロムソフトウェアから登場!

    ダークファンタジーな戦国時代の忍びの戦いを描くアクションゲーム  「隻狼-SEKIRO:SHA…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る