『Seven: The Days Long Gone』これまでとはひと味もふた味も違うステルスアクション

見下ろし型に加え、パルクールやステルス要素が追加された挑戦的なゲーム

さて、今回紹介するのはIMGN PROより2017年12月1日に発売が開始されている見下ろし型アクションゲームの『Seven: The Days Long Gone』。対応プラットフォームはPC、価格は29.99ドルとなっている。

本作『Seven: The Days Long Gone』は、ポーランドに拠点をおいているIMGN PROとFool’s Theoryによるタイトル。見下ろし型のアクションゲームではあるものの、ステルス要素やパルクールアクションなどが採用されており、これまでの見下ろし型ゲームとは一線を画したタイトルになっている。

世紀末とも言える世界観

本作『Seven: The Days Long Gone』の舞台は、前代未聞の核戦争から1000年以上が経過したとある1つの時代。独裁国・ヴェトラル帝国が人々を支配している時代に生まれた主人公テリエルが、ペフと呼ばれる孤島に潜入し、国の陰謀を暴くという物語が描かれる。

武器やピッキングなどのアクションをこなし攻略していく

本作『Seven: The Days Long Gone』には様々な武器が用意されている。さらにクラフティングも可能な上に、用意されている障害物はパルクールで乗り越えることが出来る。

鍵付きのドアがあれば、ピッキングでこじ開けたり、ドアを破壊したり、警備員の後をつけたりなど、1つの目標に対して様々なルートが用意されているのも本作『Seven: The Days Long Gone』の特徴だ。

現在、日本語版の発売の目処はついていないものの、かなり面白そうなゲームになっている。気になる方は是非プレイしてみてはいかがだろうか。

タイトル Seven: The Days Long Gone
メーカー IMGN PRO
対応機種 Steam
ジャンル アクション
発売日 2017年12月1日
価格 29.99ドル
プレイ人数 1人~

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=wbmkXiJVjr0]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…
  2. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…
  3. 2016-2-28

    『キングダムハーツ3』ピアノが導く最果てへの鍵となるアクションRPG

    キングダムハーツ久しぶりのナンバリングタイトルとなるゲームの全容はいかに・・・!? ディズニーキャ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る