「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」ダークで和風な侍アクションゲームがフロムソフトウェアから登場!

ダークファンタジーな戦国時代の忍びの戦いを描くアクションゲーム

「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」はE3 2018で発表されたフロムソフトウェアのアクションゲームで、フロムソフトウェアらしいダークな雰囲気をまとったアクションゲームです。舞台は戦国末期の日本となっていて、全てを失ってしまった忍びの戦いに焦点を当てた物語が展開されていくそうです。かなり緻密に設計されたマップと世界観を彩るグラフィック、プレイヤー自身がゲームの世界に入り込んでいけるような体験ができる仕上がりになっていると思います。

戦国時代を描くゲームストーリー

時は戦国。

雪深い峠を越えた先に、葦名の国はある。
「剣聖」葦名一心が、わずか一代で国盗りをして興した、北国の雄である。
だが、その葦名は存亡の危機にあった。

一心の孫である 葦名の将は、窮状を憂い、自らの手勢に密かに告げた。
「もはや、寄せ手から葦名を守るための、尋常の術は無い」
「今こそ、あの皇子が必要だ」

かくて皇子は、囚われとなる。
皇子と言うが、その身は天涯孤独。家族も家臣も、なにもない。
ただ一人の忍びを除いては…。

これは、寄る辺なき、孤独な主従の物語である。

自由度の高い爽快なアクション

「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」では、戦国時代ということもあり刀を使った豪快なアクションバトルが最大の醍醐味となっています。

他にも鉤縄というものを操り空中をワイヤーで飛び回ったりする爽快かつ自由度の高いアクションも必見。

豪快に刀を振るうだけのアクションに留まらず、敵に見つからないように潜入していくというステルスアクションの要素も兼ね備えているため、多くの人が満足できそうなアクションゲームになっていると感じました。

また、自分よりも何倍もでかい敵を相手にするなどボスバトルは非常に緊張感のある戦いとなっています。おそらく人間だと思うんですが、その見た目から鬼や妖怪といったものに見えてしまうためダークファンタジーな要素もあるのかなと思いました。

トレイラーで確認した限りだと、どうやら「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」の主人公はなかなか死ねない運命にあるようで、敵にやられても蘇るようなシーンがありました。アクションに影響するだけでなく、ストーリーにも深く関わってきそうな要素ですね。

隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICEの評価・レビュー

雰囲気や設定から鬼武者や仁王に近いものを感じますね。クオリティはさすがフロムソフトウェアといったところで半端ない仕上がりになっていると思います。アクションも爽快でありながらもシビアなシーンも見受けられたので、なかなかやりがいのあるアクションゲームだと思います。ダークな雰囲気ただようストーリー展開にも期待できそうですね。

「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICEの発売日はいつ?

「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」の国内発売日は2018年5月2日となっています。

タイトル 隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE
メーカー フロムソフトウェア
対応機種 PlayStation4
Steam
Xbox One
ジャンル アクションゲーム
発売日 2019年初頭
価格
プレイ人数 1人

画像引用元:

[http://www.sekiro.jp/]

 

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 7月 20日

    本当に楽しみ
    マルチないけど

     
  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-1-18

    『マリオテニス エース』対戦あり!ストーリーあり!の白熱テニスゲーム!

    きらびやかなスタジアムでマリオたちとテニスを楽しもう! さて、今回紹介するのは、任天堂より発売が予…
  2. 2018-7-12

    「Devil May Cry 5(デビル・メイ・クライ5)」悪魔を狩る超スタイリッシュアクションゲーム再び

    シリーズ第五弾となるアクションはさらに磨きがかかったハイクオリティなものに  爽快かつカッコい…
  3. 2016-12-7

    『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』伝説の神ゲー完全復活!

    あの神ゲーがフルリメイクされPS4でゲームが発売! ソニーコンピューターエンターテイメントから、伝…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る