「聖闘士星矢 黄金伝説」記念すべき初ゲーム化

アクションとRPGを混ぜ合わせた異色ゲーム

聖闘士星矢と聞けば多くの人が知っているんじゃないでしょうか。ペガサス流星拳は超有名ですね。そんな名作漫画&アニメが「聖闘士星矢 黄金伝説」としてファミコンで初ゲーム化されました。原作の冒頭の魔鈴との修行から十二宮の途中までのストーリーが楽しめます。途中というのが何とも・・・。これはまだ当時原作のほうが終わってなかったのでこんなことになってます。

「聖闘士星矢 黄金伝説」は、なかなか綺麗なドット絵によるグラフィックでキャラクターなどがよく描かれていると思います。原作クラッシャーが多いレトロ時代によく表現したと拍手したいです。

2つのパートで戦いを繰り広げる

「聖闘士星矢 黄金伝説」には2つのパートがあり、アクションシーンとバトルシーンというものがあります。ゲームシステムとしてはアクションとRPGをセットにした感じ。しかしアクションRPGではないかな~・・・微妙なライン。

まずアクションシーンでは横スクロールで進むアクションゲームになっていて、ザコ敵と戦いながらアドベンチャーとしての要素を楽しむことができます。パンチやキックで攻撃してバッサバッサと倒していきます。ここサボると経験値が入らないので結構苦戦するようになってしまう。

続いてバトルシーンは、敵の聖闘士とサシで戦うRPG風のターン制バトルとなっています。ここでもやはりパンチかキックを選択して戦うのですが、聖闘士星矢特有のコスモを十分な配分にすることで必殺技を出すことができます。守りのターンでは、ふせぐやかわすを選びダメージを抑えます。

生年月日で変化するステータス

個人的に「聖闘士星矢 黄金伝説」で面白いアプローチだと思うのがコレ。一番最初に生年月日を入力する場面があって、それによって星座が決まり、最初のステータスと伸びる成長率が変化するというシステムです。何の説明もないですが、知っていると感情移入しやすくなりますね。

ゲームとしては粗が目立ちますが当時としてはなかなか意欲的な作りだったんじゃないでしょうか。まったく原作を知らずにプレイすると抜け落ちている部分が多いため意味不明な展開に苦しむと思います。説明不足なところが多いので、「聖闘士星矢 黄金伝説」はファン専用といっても過言じゃないかなと思います。


タイトル 聖闘士星矢 黄金伝説
メーカー バンダイ
対応機種 ファミコン
ジャンル アクションRPG
発売日 1987年8月10日
価格 5500円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=ypoOj3QR0Bc]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-3-9

    「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」Nintendoswitchにあの神ゲー対戦アクションが登場決定!

    スマブラ最新作が発売決定!どのような新要素が組み込まれたゲームになるのか!?  Nintend…
  2. 2018-6-17

    「Assassin’s Creed: Odyssey」古代ギリシャを舞台にスパルタとアテナイの衝突を描くアクションゲーム

    スパルタ兵として大規模戦争の中で戦いを繰り広げるアクションゲーム  「Assassin's C…
  3. 2018-6-14

    「Ninjala」フィールドを縦横無尽に飛び回るニンジャ対戦アクションゲーム

    ニンジャガムを使った変幻自在のコミカル対戦アクションゲーム  「Ninjala」は、その名の通…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る