『Seeking Evil: The Wendigo』伝説の捕食者ウェンディゴから逃れることができるか?

北アメリカの森で起きる惨劇…凶悪なモンスターから逃げながら呪いを解くホラーゲーム

Seeking Evil: The Wendigo ホラーゲームCopybugpasteは開発”『Seeking Evil: The Wendigo』のSteamで早期アクセス版が4月に配信されることが決定した。

謎のクリーチャーから逃げながら、トーテムを燃やして呪いの地の呪いを解くことがゲームの目的!

伝承で伝えられる伝説の生き物『Wendigo』

ウェンディゴは人間の肉を欲し、犠牲者を生きたまま食らうことを好む残忍な捕食者。
北アメリカの部族の土地を徘徊し、アルゴンギン語を話す多くの人々の伝統的な神話となっている。
彼らがどこからやってきたかはわからず、彼らの記述もさまざまだが、わかっていることは邪悪であり、一人の人間を食い殺しても腹は満たされないということだ。

ウェンディゴの魔の手から逃げて呪いを解け!

Seeking Evil: The Wendigo ホラーゲームプレイヤーは気づいたら森の中にいる。
一見穏やかに見えるその土地は、呪われていて呪いを解いていくのがゲームの目的だ。
呪いを解くためには9つのトーテムを見つけて燃やさなければならないが、その森にはウェンディゴと呼ばれる伝説の生き物が徘徊しているため、一筋縄ではいかない。
素早く、非情かつ狡猾なクリーチャーはプレイヤーを食らうのに手段は選ばない。

全てが謎に包まれているところがプレイ欲をかき立てる!

Seeking Evil: The Wendigo ホラーゲームトレーラーを見たところ、グラフィックはかなり美麗で、呪われた森の不気味さを鮮明に映し出している。ウェンディゴらしきクリーチャーが映っているが定かではない。
とにかく早くプレイしてみたいホラーゲームだ。

タイトル Seeking Evil: The Wendigo
メーカー Copybugpaste
対応機種 Steam
ジャンル ホラーゲーム
発売日 2017年9月12日
価格 980円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=7qVr-ON934Y]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-9-22

    「TOWN(仮称)」小さな村で繰り広げられる小さなRPG

    ゲームフリークが送る懐かしくも新しいRPG  ポケモンシリーズで有名なゲームフリークが「TOW…
  2. 2018-3-12

    「メイドインワリオ ゴージャス」おバカで中毒性の高いミニゲームが300種類収録!

    超手軽すぎるアクションミニゲームの集大成が登場! 当時タッチ機能を活かしたミニゲーム集として話題を…
  3. 2018-5-6

    『Eastward』緩やかに滅びゆく世界を冒険するアクションRPG

    限られた時間を精一杯生きる2人に胸を打たれる さて、今回紹介するのは、インディーパブリッシャーCh…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る