世界を救うのはヒーローじゃない!『ROBOTICS;NOTES ELITE(ロボティクス・ノーツ エリート)』

衝撃の真実、きみはどう受け取る?

さて、今回紹介するゲーム『ROBOTICS;NOTES ELITE(ロボティクス・ノーツ エリート)』ですが、みんな大好き「STEINS;GATE」などで有名な拡張科学アドベンチャーでございます。本作は、「ROBOTICS;NOTES」に新たな要素などが追加されたエリート版となっており、さらに幅広いゲームを遊ぶことが出来ます。原作が好きだという方、そうじゃない方の両方の方どちらも遊ぶことができるので、おすすめのゲームですね。

ロボティクス・ノーツ 1

ロボティクス・ノーツ 2本作『ROBOTICS;NOTES ELITE(ロボティクス・ノーツ エリート)』のストーリーは、世界線変動率「1.048596」の2019年。世界線変動率が何だかわからないという人は、シュタインズゲートをプレイしてみることをおすすめします。フォンドロイド、通称『ポケコン』の普及により、拡張現実が身近な存在となった近未来の種子島が舞台となっており、そんな島にある中央種子島高校『ロボット研究部』を中心にストーリーが進んでいきます。

ロボティクス・ノーツ 3本作『ROBOTICS;NOTES ELITE(ロボティクス・ノーツ エリート)』のゲームシステムは至って簡単、サウンドノベルゲームです。ただただ文章を読んで選択肢を選んでいくだけなので、ベッドで寝転がりながらプレイすることも出来ますね。原作版と違うところは、先ほども紹介したとおり追加エピソードがあるという点と、表情やモーションなどのリアリティをさらに追求しているという点です。そのお陰で、より魅力的な表情をするようになりました。

本作『ROBOTICS;NOTES ELITE(ロボティクス・ノーツ エリート)』は、決してシュタインズゲートなどのゲームとストーリーが繋がっているというわけではないので、完全初見でも遊べるゲームになっています。もし気になった方がいるのであれば、『ROBOTICS;NOTES ELITE(ロボティクス・ノーツ エリート)』をプレイしてみてはどうでしょうか?

タイトル ROBOTICS;NOTES ELITE(ロボティクス・ノーツ エリート)
メーカー 5pb.
対応機種 PSvita
ジャンル 拡張科学アドベンチャー
発売日 2014年6月26日
価格 6800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://www.jp.playstation.com/
software/title/vljm35109.html]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-4-29

    『ザンキゼロ』ダンガンロンパシリーズのスタッフが手がけるRPG。人類滅亡まで残機8人

    退廃的で美しい世界を描くサバイバルRPG スパイク・チュンソフトより、ダンガンロンパシリーズを手掛…
  2. 2018-6-14

    「Ninjala」フィールドを縦横無尽に飛び回るニンジャ対戦アクションゲーム

    ニンジャガムを使った変幻自在のコミカル対戦アクションゲーム  「Ninjala」は、その名の通…
  3. 2018-6-22

    「Twin Mirror」空白の時間に何があったのか…ミステリー強めなアドベンチャーゲーム

    目覚めると血まみれのシャツ、心理的なスリラーを味わえるアドベンチャーゲーム  E3 2018で…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る