「RIOT – Civil Unrest」正義とは何か?暴動を描くリアルタイムストラテジーゲーム

世界の経済危機をテーマにしたストラテジーゲーム

ニュースなどでも取り上げられる暴動、「RIOT – Civil Unrest」では世界の都市を舞台に経済危機を描いたリアルタイムストラテジーゲームとなっています。この経済危機ですが、どれも史実を元にしたものであり、ギリシャ、スペイン、イタリア、エジプトと様々な暴動が描かれます。

デモ隊と警官隊の衝突

「RIOT – Civil Unrest」では、市民によるデモ隊と公権力である警官隊との衝突が繰り広げられます。プレイヤーはどちらの立場にでもなることができ2つの立場から体験が可能。どちらの立場になるにせよ、世論というものに注意し気を配らないといけません。自分たちの正義がどれだけ世間に支持してもらうことが勝利につながるため、命をムダにするような戦いにしてはいけません。が、時として血を流す正義も必要になってくるのが悩ましくも面白いところ。

多くの武器などを使いこなすことができ、スモークグレネードやゴム弾、実弾武器に火炎瓶と暴動でお馴染みかつ過激な物が多いです。が、メガホンなどデモ隊ならではの武器もあり、こういった多種多様な装備品を状況に応じて使い分けていくのがゲーム攻略のポイントになります。

2つのゲームモード

「RIOT – Civil Unrest」には、暴動の緊迫感を体験できるストーリーモードと自分の選択が世界を変えることができるグローバルモードがあります。

ストーリーモードでは、政治状況が混乱している国を選び、4つの暴動をデモ隊と警官隊の立場から体験することができます。目標を達成するために群衆の恐怖をコントロールしながら暴力で押し切っていきます。

グローバルモードでは、暴動が起きている世界中のエリアを飛び回ってデモ隊と警官隊を先導していきます。エリアをクリアしていくごとに世論が動い展開が変化していきます。

RIOT – Civil Unrestの評価・レビュー

暴動という歴史の1ページを体験することができる何ともニッチなゲームですが、ストラテジーとしてやりごたえのある内容になっています。暴動ならではのカオスっぷりも再現されていて、デモ隊と警官隊の見分けがつかないなんていうこともあります。どちらの側でプレイするにしても武器や世論など様々なものを意識しながらプレイしなければいけないため難易度は高めです。

RIOT – Civil Unrestの発売日はいつ?

「RIOT – Civil Unrest」は2019年2月13に発売が決定されています。

タイトル RIOT – Civil Unrest
メーカー Merge Games
対応機種 Nintendo Switch
PlayStation4
Xbox One
Steam
ジャンル リアルタイムストラテジーゲーム
発売日 2019年2月13日
価格 1980円ほど
プレイ人数 1~4人

画像引用元:

[https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000017077]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2016-12-5

    ついに発表!『The Last of Us Part Ⅱ』憎しみを描いたシリーズ最新作は成長したエリーが主役。

    世界中を震わせた超名作ゲームの続編がきた 我々ゲームユーザーにとっては本当に嬉しいお知らせなのです…
  2. 2018-6-16

    「Fallout 76」爆弾が投下されて25年、終末戦争後のアメリカへと一歩踏み出すRPG

    未だかつてないオープンワールドRPGのマルチプレイを体験しよう  Bethesda Game …
  3. 2017-8-7

    『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』シリーズ30周年を祝うサウンドボックスゲーム第二弾

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る