やっていて虚しくなるクソゲー…「パチコン」

パチンコをゲーム化したクソゲーパチコン

なんと!テレビゲーム初のパチンコゲーム!それがパチコン!でもクソゲー!

パチコンパチコンの操作はとっても簡単で、十字キーの左右で打ち出す玉の調整でき、Aボタンで玉を発射します。猿でもできるクソゲーw

パチコンパチコンのモードは4種類あるんだが、制限時間が違うだけや台を選べるだけというチープっぷり、玉がピンに詰まったりするとキャラクターを操作して取りに行くという謎モードに突入する。

パチコンで3000発稼ぐとボーナスステージに突入するのだが、制限時間が30秒しかなく爽快感を味わえぬまま終わってしまうクソゲーっぷりwパチコンをプレイしてみればわかるが、この3000発というのは稼ぐまで非常に辛い数字なのである。

パチコンはゲームではなく、パチンコシミュレーターと言ったほうが正しい気がする。デジパチや羽根モノといったものを遊べるけど、実際のパチンコとはかけ離れてた内容だったりとクソゲーっぷりを遺憾なく発揮してくるw一応、確率によるデジタル表示や釘の配置による玉の流れの変化などを楽しめる。が、これこそが、パチンコシミュレーターと言ってしまう要因でもある。

実はパチコンの開発者達も発売元の仕様に疑問があったらしく、パチコン内にローマ字でたくさんの愚痴が書かれている

パチンコを楽しむゲームではなく、違った楽しみが詰まっているというパチコンはなんとも皮肉なクソゲーなのである。

タイトル パチコン
メーカー 東芝EMI
対応機種 ファミコン
ジャンル パチンコ
発売日 1985年11月21日
価格 4900円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=o8khP44qo0k]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…
  2. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…
  3. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る