「謎の村雨城」なんとも中途半端?!なアクションゲーム

ゼルダに似ているような似てないような?そんなゲーム

ゼルダの伝説と同時に発表された「謎の村雨城」は、発売前人気だけならぶっちりぎりだった。レトロゲーム時代にしては珍しく2600円という安値が話題になった。
実際に謎の村雨城を遊んでみると、意外と普通のゲームで、ゼルダの伝説の完成度に押しつぶされてしまう。

謎の村雨城のストーリー

謎の村雨城多くの謎に包まれた村雨城の巨大な石像ムラサメが祀られていた。嵐の夜に現れた流星が村雨城に落ちたことにより、それ以来なんともいえないうめき声のような叫び声のような不気味なものが聞こえるようになった。謎の生物が住み着き、人々を操っているという実態を調査するため鷹丸が駆り出される。

謎の村雨城のゲームシステム

謎の村雨城9つのステージを突き進んでいくアクションゲームで、見下ろし視点でプレイするためゼルダの伝説と似ている。そんなこともありゼルダの伝説とは比較されやすく、あちらは謎解きに重きを置いているのに対して、こちらの「謎の村雨城」はアクション性に重点を置いたゲームになっている。

Aボタンで攻撃し、距離に応じて刀と飛び道具を使うことができる。しかも敵の攻撃を跳ね返すことも可能。レトロゲームには珍しく必殺技なんてものまである。

さらに、飛び道具には種類があり、小柄、風車剣、火炎の3種類を使うことができる。

これだけ聞いてると謎の村雨城は面白そうなゲームだが、やってみると案外普通。しかし、その普通こそが万人受けするゲームであり、決してつまらないゲームではない。

タイトル 謎の村雨城
メーカー 任天堂
対応機種 ファミコン/Wii/WiiU/3DS/GBA
ジャンル アクションゲーム
発売日 1986年4月14日
価格 ファミコン:2600円
バーチャルコンソール:514
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=vZ4NUa-vydI]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…
  2. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…
  3. 2018-5-22

    『Call of Duty: Black Ops 4』多彩なアクションで立ちはだかる強敵を砕く爽快なFPS!

    アタッチメントの登場で大きな進化を遂げた2018年最新作のゲーム さて、今回紹介するのはActiv…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る