任天堂が放ったハードなSFゲーム「メトロイド」

重くハードな世界観を確立した秀作メトロイド

今となっては愛されているゲーム「メトロイド」であるが、任天堂のファミコンで発売された1986年には異端児扱いをされていた。
そのあまりに暗い雰囲気を放つ世界観とBGMのためである。

しかし、メトロイドのシンプルながら綿密に設計されたゲームデザインに魅了されるプレイヤーが続出。
任天堂の中でも異色なゲームであるが、熱狂的ファンを獲得していった。

メトロイドの舞台は宇宙

メトロイド
メトロイドはハードSFゲームとして宇宙を舞台にしている。
惑星ゼーベスを3つに分け、5つのエリアで作り上げられている。
メトロイドには、かなり危険なマップが多く、岩と硫酸のブリンスタや火炎におおわれているノルフェアなどがある。

さすが任天堂!メトロイドのシンプルながら奥深いゲーム性

メトロイド
2Dのジャンプアクションゲームとしてメトロイドは登場したが、様々な要素が相成り斬新さを演出していた。

ジャンプや横スクロールによる移動はもちろんのことだが、ストーリーを進めると下方向のキー入力で丸まり狭い場所も通れるようになる。このように、ステージごとにプレイヤーに遊ばせるのではなく、1つの広大な惑星を徐々に進められるように設計されているのも魅力の1つ。

シューティングゲームの要素もあり、攻撃方法が遠距離ビームやミサイルなどがある。
さらに、遠距離ビームの種類も、射程の長いロングビームや敵を凍らせるアイスビーム、通常威力の2倍を誇る波動ビームなどがある。
他にも、様々な強化要素があり、ストーリーを進めていく楽しみがある。

任天堂のファミコンで発売されたレトロゲームのメトロイドだが、任天堂のプラットフォームであるファミコンミニやWii/WiiU/3DSのバーチャルコンソールとして安価に売られているので、気軽にプレイしてみて欲しいゲームだ。

タイトル メトロイド
メーカー 任天堂
対応機種 ファミコン/Wii/WiiU/3DS/ファミコンミニ
ジャンル アクション
発売日 1986年8月6日
価格 バーチャルコンソール:514円
プレイ人数 1人

画像引用元
https://www.youtube.com/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-14

    「Ninjala」フィールドを縦横無尽に飛び回るニンジャ対戦アクションゲーム

    ニンジャガムを使った変幻自在のコミカル対戦アクションゲーム  「Ninjala」は、その名の通…
  2. 2018-4-19

    『グランクレスト戦記』水野良氏のファンタジーノベルがPS4のゲームに登場

    大陸統一を目指して自分だけの冒険を紡いでいく戦略アクションシミュレーションRPG さて、今回紹介す…
  3. 2018-2-16

    日本一ソフトウェア2018年期待の新作『嘘つき姫と盲目王子』目の見えない王子を救うために化物の嘘つき姫は冒険する

    全社員参加のコンペにより生まれたアクションアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフト…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る