シリーズの存続を繋いだかもしれないクソゲー『メタルギア(FC版)』

生みの親も酷評するほどの出来だったファーストタイトル移植版

メタルギアメタルギアシリーズの第1作目『メタルギア』は、当時のゲーム性能のために「撃ちまくれないなら隠れよう」という逆転の発想から生み出した初めてのステルスアクションゲームとして高い評価を受けた。
本作はそのメタルギアのファミコン移植版となるゲーム。しかしオリジナル版でメインで指揮を取っていた小島秀夫監督や開発陣はゲームに携わっていない。
結果、ぐうの音も出ないほどのクソゲーと化した。

メタルギアなのにメタルギアが出てこない!

『メタルギア』というタイトルにある最重要の核搭載戦車メタルギアが登場しない。
それを制御するコンピュータを破壊することが目的になっているため、姿すら見せない。

ステルスできない敵配置や不親切なステージ構成

メタルギアステージを移動した途端に見つかるように敵が配置してあるステージがあり、ステルスもクソもない。
追加された序盤の出来が悪く長ったらしいジャングルステージでは、武器もまともに持っていない状態でこれが起きるのでまんまとやられる。
また、コンティニューポイントが少なく、死ぬとかなり前に戻された挙句、長ったらしく面倒なステージを何度も繰り返させられる。

びっくりするくらいクソゲー…しかし?

見るも無残な仕上がりになってしまったが、海外ではMSX2版が知られていなかったため、ファミコン版が人気を博し、アメリカの独自の続編『Snake’s Revenge』というゲームが発売されている。
その人気ぶりを聞きつけた小島秀夫監督が、自分たちも続編のゲームを作ろうということで『メタルギア2 ソリッドスネーク』が開発された。そして次作にご存じ大定番となったタイトル『メタルギアソリッド』が発売された。
ファミコン版メタルギアが存在しなければメタルギアシリーズは生まれなかった可能性がある。

開発に関わっていないメタルギアシリーズの生みの親である小島秀夫監督は「やらないでください」と発言するほどのクソゲーではあるが、シリーズを存続させたキータイトルだったのかもしれない。


タイトル メタルギア(FC版)
メーカー コナミ
対応機種 ファミコン
ジャンル ステルスアクションゲーム
発売日 1987年12月22日
価格 5,300円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=NB9RDGIHzwA]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…
  2. 2018-5-29

    『最悪なる災厄人間に捧ぐ』孤独な透明人間と少年が紡ぐ100万字のノベルアドベンチャーゲーム

    透明人間の少女と、透明人間しか見ることが出来ない少年のADV さて、今回紹介するのはKEMCOより…
  3. 2018-5-6

    『Eastward』緩やかに滅びゆく世界を冒険するアクションRPG

    限られた時間を精一杯生きる2人に胸を打たれる さて、今回紹介するのは、インディーパブリッシャーCh…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る