少数精鋭で作った良作「迷宮組曲 ミロンの大冒険」

音楽が重要となるちょっと不思議なゲーム

「迷宮組曲 ミロンの大冒険」はゲームタイトルの通り、音楽がポイントとなってきます。BGMがワルツをベースにした音楽であったり、回数を重ねていくと7楽器によるアンサンブルへと展開されていくボーナスステージなどが最大の特徴です。

「迷宮組曲 ミロンの大冒険」のストーリー

迷宮組曲 ミロンの大冒険触れ合うだけで相手のことを理解できてしまうエプシロン星人は言葉を持たず、遠くへは音楽を使って連絡をとっていた。しかし、主人公のミロンにだけこの能力がなかった。そんな彼は同じ仲間を探すために旅へとでる決意をする。

「迷宮組曲 ミロンの大冒険」のゲームシステム

迷宮組曲 ミロンの大冒険北に住むマハリトという魔女がガーランド城を占拠し楽器まで奪ってしまいます。そこでミロンを操りガーランド城の4階にいるマハリトを倒せば「迷宮組曲 ミロンの大冒険」のゲームクリアとなります。

で、「迷宮組曲 ミロンの大冒険」ではガーランド城を探索していくわけですが、部屋ごとがステージとなっていて鍵と扉を見つけないと出ることはできない。外壁や窓などに隠れているステージなどもあります。

鍵は敵を倒せば決められた場所に出てくるし、扉もバブルという主人公の魔法のシャボン玉を当てると見えるようになります。「迷宮組曲 ミロンの大冒険」の難易度自体はあまり高くなく誰でも楽しめるイージーなゲームとなっています。

お城のあちこちにはショップがあって、お金を払うことで装備や体力回復などRPG的な要素もつまっています。さらに攻略のヒントなども聞けるので、「迷宮組曲 ミロンの大冒険」で詰まったら話を聞いてみるといいかも。

メルヘンチックで不思議な雰囲気が漂うファンタジーゲーム「迷宮組曲 ミロンの大冒険」は、男女問わずにプレイされた名作です。

タイトル 迷宮組曲 ミロンの大冒険
メーカー ハドソン
対応機種 ファミコン/Wii/3DS
ジャンル アクションゲーム
発売日 1986年11月13日
価格  4900円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=IfTVKuARD5M]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-6

    『Eastward』緩やかに滅びゆく世界を冒険するアクションRPG

    限られた時間を精一杯生きる2人に胸を打たれる さて、今回紹介するのは、インディーパブリッシャーCh…
  2. 2016-2-28

    『キングダムハーツ3』ピアノが導く最果てへの鍵となるアクションRPG

    キングダムハーツ久しぶりのナンバリングタイトルとなるゲームの全容はいかに・・・!? ディズニーキャ…
  3. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る