『Mansions of Madness: Mother’s embrace』不気味な洋館で起きる狂気との出会いを描くアドベンチャーゲーム

ラヴクラフトのMansions of Madness(マンション・オブ・マッドネス)がゲーム化

さて、今回紹介するのはAsmodee Digitalより発売が決定されているアドベンチャーゲームの『Mansions of Madness: Mother’s embrace』。対応プラットフォームはPC(Steam)となっている。

本作『Mansions of Madness: Mother’s embrace』は、作家のハワード・フィリップス・ラヴクラフトによるクトゥルフ神話系ボードゲームMansions of Madness(マンション・オブ・マッドネス)をアドベンチャーゲーム化したタイトル。プレイヤーは、とある不気味な洋館を舞台に様々な狂気と出会うことになるようだ。招待された館で起きた知人の死と謎の数々を巡った、狂気的なストーリーが描かれていく。

◆招待された館、そこには教授の死体といくつかの謎が

本作『Mansions of Madness: Mother’s embrace』のストーリーは、ミニスカトニック大学にて天文学の教授をしているティリンガスト教授の死を持って幕を開ける。彗星を観測することが出来たティリンガスト教授は、興奮冷めやらずにいた。天文学を愛する彼女はその後、調査旅行へ旅立つのだが一時のあいだ音信不通となる。

帰ってきた彼女は、調査旅行の結果を発表したいと知人たちを館に招待する。しかし、知人たちが館に着く頃にはもうティリンガスト教授は息絶えていた。招待された知人たちは、この呪われた館から脱出するために様々な狂気と対峙することになる。

◆館から出るために情報を収集し平静を保つ

 

本作『Mansions of Madness: Mother’s embrace』では、ゲーム攻略のために解き明かさなければならないいくつかの謎が隠されている。クトゥルフ神話系ボードゲーム特有とも言える情報収集や探索、また狂気的なモンスターやトラップとの出会いも用意されているとのこと。一体モンスターの正体は何なのか、何故館がこんな事になってしまったのか、全ての謎を解き明かすためにはまずこの館から生きて帰らなければならない。

◆『Mansions of Madness: Mother’s embrace』の評価・レビュー

一大ブームとなったクトゥルフ神話をモチーフにしたアドベンチャーゲームであることから、神話生物との出会いや平静さを保つことからSAN値という概念がゲームに組み込まれていると予想される。ラブクラフト、クトゥルフ、館モノというキーワードにピンときたらきっと楽しむことができるミステリアスなゲームになっていることだろう。特に館モノというジャンルはエンターテインメントを通して多くないが、あの閉鎖的な空間で巻き起こるストーリー展開にスリルを感じた人も大勢いると思うので、ミステリー好きもうなれる内容になっているはずだ。

◆『Mansions of Madness: Mother’s embrace』の発売日はいつ?

本作『Mansions of Madness: Mother’s embrace』は、2019年内に発売されることが決定している。

タイトル Mansions of Madness: Mother’s embrace
メーカー Asmodee Digital
対応機種 PC(Steam)
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 2019年予定
価格
プレイ人数

画像引用元
[https://store.steampowered.com/app/
840210/Mansions_of_Madness_Mothers_Embrace/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2016-12-7

    『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』伝説の神ゲー完全復活!

    あの神ゲーがフルリメイクされPS4でゲームが発売! ソニーコンピューターエンターテイメントから、伝…
  2. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…
  3. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る