「魔城伝説2 大魔司教ガリウス」2人の主人公で謎を解きあかすアクションRPG

[最終更新日]2017/11/20

それぞれ分担して強大な敵と謎に立ち向かうアクションRPG

「魔城伝説2 大魔司教ガリウス」は、MSX版で初めてシリーズが登場し、あちらが縦スクロール型のシューティングゲームに対して、こちらはアクションRPGとなっています。続編とはいえゲームシステム自体は大幅に違っています。ストーリーは一応続編となっていますが、初見でも問題なく遊べるのでご安心を。

「魔城伝説2 大魔司教ガリウス」では、ポポロンと前作で救出されたアフロディアという2人の主人公を交代しながら、世界の隠された謎を解いていくという展開がされていきます。色んな秘密が隠されている魔城と5つのワールドを巡り、生まれてくるはずの我が子パンパースを救出しましょう!

2人の特徴を活かしてゲームを攻略

「魔城伝説2 大魔司教ガリウス」では、青いポポロンとピンクのアフロディアをそれぞれ操作するわけですが、それぞれでジャンプ力やサブ武器、攻撃回数といったものが違ってきます。また場所によって通れたり通れなかったりと当時としては特殊なゲームシステムを突っ込んできたタイプだと思います。最近じゃこういった切り替え要素みたいなシステムを含んだゲームは多いですが、レトロゲーム時代と考えるとあんまりお目にかからないんじゃないかな~。

怪力の持ち主ポポロンと水中を得意とするアフロディア。それぞれの特徴を活かして「魔城伝説2 大魔司教ガリウス」を攻略していきたいところですね。

謎解きありのアクションRPG

「魔城伝説2 大魔司教ガリウス」は基本的には横スクロール型のアクションゲームで、敵を倒すことで経験値が増えていきMAXになると体力が回復するというもの。経験値が入るとレベル上がるんじゃないのってRPGをやっている人からすると思っちゃいますが、「魔城伝説2 大魔司教ガリウス」では体力が回復するだけのものになってます。

なので、敵との積極的な戦闘を避けながらゲーム攻略ができます。体力回復したい死ぬか生きるかという時に戦闘を強いられないように、ある程度の戦いはこなしておいた方がいいですね。

でも敵を倒すとお金も入るしサブ武器の弾数も手に入るので、色々な理由からある程度戦っておいた方が賢明です。

古くても斬新なゲームシステムの数々を詰め込んだ「魔城伝説2 大魔司教ガリウス」。レトロゲームフリークな人やシステムに惹かれた人はどうでしょう?


タイトル 魔城伝説2 大魔司教ガリウス
メーカー コナミ
対応機種 ファミコン
ジャンル アクションRPG
発売日 1987年8月11日
価格
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=C86EWplOJSs]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめゲーム

  1. ちょっとした脳トレができる数字のパズルゲーム 「モザイクアート Fill-a-Pix」は写真家のフ…
  2. ワンピースでおなじみのキャラが無双で大暴れ 使えるワンピースのキャラクターは、なんと全37キャ…
  3. 90年代のシューティングゲームをヒントに開発された作品 さて、今回紹介するゲームはEastasia…
  4. 幻想的な世界を舞台に少年と犬が歩む 「Seasons of Heaven」は、Nintendosw…
  5. かつての名作をより進化させたゲームタイトル さて、今回紹介するゲームはマーベラスより2014年2月…

注目のゲーム

  1. 2017-12-18

    「あなたの四騎姫教導譚」姫育成×戦略の一騎当千アクションRPG

    姫とコミュニケーションをとって戦いを導こう! 「あなたの四騎姫教導譚」の読み方はしきひめきょうどう…
  2. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…
  3. 2016-9-20

    え?これがメタルギア?『METAL GEAR SURVIVE』はCo-op要素もあり!

    ファン待望!メタルギアシリーズ最新作の行方は…? ついにファン待望のメタルギアシリーズ最新作『ME…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る