赤川次郎原作の本格派ホラーサウンドノベル『魔女たちの眠り』

恐怖の文章の嵐を体験できるホラーゲーム

『魔女たちの眠り』はスーパーファミコンで発売されたホラーサウンドノベル。
赤川次郎の「魔女たちの黄昏」と「魔女たちの長い眠り」が原作となっているホラーゲーム。

幼馴染から助けを求める電話が…

『魔女たちの眠り』 ホラーゲーム主人公はどこにでもいる平凡なサラリーマン。その日も退社時間が過ぎているにも関わらず山積みの仕事を持て余していた。そんな時、会社のデスクに電話がかかってきた。その電話はかすかに主人公の名前を呼び、「助けて…殺される…」とだけ言い残し電話は切れてしまった。その日奇妙な夢を見た主人公は、子供の頃の幼馴染の女性だということがわかった。彼女が教師をしていたという分校がある山奥の村に向かう。

オカルト強めのホラーサウンドノベル!

『魔女たちの眠り』 ホラーゲームかまいたちの夜」のようにミステリー要素を含んだサウンドノベルではなく、オカルトに特化したホラーサウンドノベルになっている。
『魔女たちの眠り』は、しょっぱなから選択肢によって1/2の確率でヒロインが死亡するという衝撃的な幕開けから始まる
死ななくてもヒロインは失踪中で、その後の展開もハッピーエンドと呼べるものがない。
原作事態がかなりバッドなので、仕方のないシナリオ設定である。

第一幕は、もちろん選択肢によってシナリオが分岐し、それぞれの第二幕に突入する。『魔女たちの眠り』で、全てのエンドを見て鬱にならないでいられる人はいるだろうか?


タイトル 魔女たちの眠り
メーカー パック・イン・ビデオ
対応機種 スーパーファミコン
ジャンル ホラーゲーム
発売日 1995年11月24日
価格
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=DKBSb4D
gLQ0&list=PLJyEC9FbUyaYDZEThP4ufQcfULdZK3GMd]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-9-22

    「TOWN(仮称)」小さな村で繰り広げられる小さなRPG

    ゲームフリークが送る懐かしくも新しいRPG  ポケモンシリーズで有名なゲームフリークが「TOW…
  2. 2018-11-9

    「DELTARUNE」多くの感動を呼んだUndertaleの続編が登場?!謎多きRPG!

    前日譚?パラレルワールド?Undertaleの世界を再び味わおう! Undertaleと聞けば…
  3. 2019-2-12

    「妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている」ケータたちの3つの世界がクロスオーバーするRPG

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ  多くのシリーズを発売し社会…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る