「ロジック麻雀 創龍 四人打ち・三人打ち」じっくりと遊ぶことができる本格派麻雀ゲーム

理想の相手と対戦することができる麻雀ゲーム

テーブルゲームとして昔から人気を博してきた麻雀ですが、Nintendoswitchに「ロジック麻雀 創龍 四人打ち・三人打ち」というゲームが登場。麻雀ゲームは結構たくさん発売されていて、多種多様ですが、それぞれ特徴もあるので、肌に合いそうだな、面白そうだな、と感じたものをプレイしていくといいと思います。では、「ロジック麻雀 創龍 四人打ち・三人打ち」がそんなあなたにぴったりかどうか記事を参照してチェックしてみてください。

ストーリーモードが搭載

ちょっと珍しいと思うのがストーリーを楽しむことができるということ。ゲームシステムに特化しているものが多い中、こういったドラマを楽しめるのはなかなか魅力的ではないでしょうか。物語は、主人公の亡き姉が残した謎の骨の牌を巡って展開されていきます。麻雀は、漫画などでも多く取り上げられている題材なので、こういったストーリー要素というものもまったく違和感がなく、むしろ面白そうだと感じてしまいますね。おそらく初心者プレイヤーが麻雀を覚えていくのにちょうどいい内容になっていると思います。

スピーディな3人打ちが可能となっている

本来、麻雀は4人でテーブルを囲んで遊ぶものですが、「ロジック麻雀 創龍 四人打ち・三人打ち」ではタイトルにもある通り3人でプレイできる三人打ちモードが収録されています。普段とは少し違うスピーディで大きな役が出やすいシステムになっています。テンポの良いゲーム展開、スリリングな勝負がクセになるかもしれません。

注意として、「ロジック麻雀 創龍 四人打ち・三人打ち」は四人打ち、三人打ち、と記載されていますが一人プレイ用という部分に気をつけましょう。

雀士を作成して理想の相手と勝負

「ロジック麻雀 創龍 四人打ち・三人打ち」で最も独特だと感じたのがこのゲームシステム。思考パターンを設定することができ、自分自身で理想と思える対戦相手を作成することができます。これによって自分が苦手とするようなタイプの練習をしたり、友達のプレイスタイルに合わせた対策などができるのではないかと思います。ぜひとも自分が想定した対戦相手を作成して挑戦してみましょう。格下に設定したつもりが負けてしまってへこまないように・・・w

ロジック麻雀 創龍 四人打ち・三人打ちの発売日はいつ?

「ロジック麻雀 創龍 四人打ち・三人打ち」は2000年8月3日にPlayStationで発売され、PSP、Nintendoswitchでも配信が決定しました。

タイトル ロジック麻雀 創龍 四人打ち・三人打ち
メーカー 日本一ソフトウェア
対応機種 Nintendoswitch
PlayStation
PSP
ジャンル テーブルゲーム
発売日 2000年8月9日
価格 1080円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000003231]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2019-2-12

    「妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている」ケータたちの3つの世界がクロスオーバーするRPG

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ  多くのシリーズを発売し社会…
  2. 2017-8-7

    『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』シリーズ30周年を祝うサウンドボックスゲーム第二弾

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…
  3. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る