『鯉 - KOI』一匹の鯉となって故郷に帰る旅を楽しむゲーム

中国で生まれたニッチなインディーゲーム

さて、本日紹介するゲームはPLAYISMより2017年4月27日に発売が予定されているアドベンチャーゲームの『鯉 - KOI』です。対応プラットフォームはPlaystation4、ゲームの価格は980円となっております。

本作『鯉 - KOI』は中国で生まれたインディーゲームの一つで、プレイヤーは小さな小さな鯉となり、故郷へ帰る旅に出ることになります。鯉といえば日本でも馴染みのある魚でとても綺麗な模様が特徴的ですが、そんな鯉にフィーチャーしたゲームは今まで見たことがなく、とても興味がそそられます。中国で生まれたということもあり、鯉に対してどのような観点から物語が描かれているのかとても気になりますね。

遊び方は至ってシンプル

本作『鯉 - KOI』の操作方法は至って簡単です。基本的にアナログスティックのみの操作となっており、たまに○ボタンを使ってゲームをプレイすることになります。プレイヤーは仲間の鯉たちを集め、蕾へ誘い、そして花を咲かす事ができます。多くの花を咲かせることによって物語に動きが出てくるようなので、どんどん花を咲かせてしまいましょう。

平和な世界だが…敵がいる!

また本作『鯉 - KOI』にはもちろんのこと敵キャラが登場します。黒魚と呼ばれる魚がプレイヤーを襲ってくるので、それから逃げ、そして仲間たちを守りましょう。

池や川、濁流や下水など様々な場所を冒険することになる『鯉 - KOI』、お値段も安いですしプレイする価値のあるタイトルになっていると思います。

タイトル 鯉 - KOI
メーカー PLAYISM
対応機種 PS4
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 2017年4月27日
価格 980円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://www.jp.playstation.com/software/title/jp0122cusa05799_00koi0000000000000.html]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…
  2. 2018-7-8

    「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」ダークで和風な侍アクションゲームがフロムソフトウェアから登場!

    ダークファンタジーな戦国時代の忍びの戦いを描くアクションゲーム  「隻狼-SEKIRO:SHA…
  3. 2016-12-5

    ついに発表!『The Last of Us Part Ⅱ』憎しみを描いたシリーズ最新作は成長したエリーが主役。

    世界中を震わせた超名作ゲームの続編がきた 我々ゲームユーザーにとっては本当に嬉しいお知らせなのです…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る