『カタハネ ―An’ call Belle―』恋愛アドベンチャーゲームの名作が10年の時を経て新たに登場

[最終更新日]2018/01/28

原作スタッフが再集結して作られた期待の恋愛ADV

さて、今回紹介するのはプロトタイプより2-18年1月25日に発売が開始されている恋愛アドベンチャーゲームの『カタハネ ―An’ call Belle―』。対応プラットフォームはPlaystation4/PlaystationVita、価格はパッケージ版が6400円、ダウンロード版が5700円となっている。

本作『カタハネ ―An’ call Belle―』は、2007年に発売が開始されたPC向けソフト「カタハネ」のコンシューマ版。コンシューマ化が期待され続けて迎えた2016年8月26日に再集結を果たした原作スタッフたちの手によってリマスター版が発売され、そして10周年の締めくくりとなる2018年1月25日についに期待のコンシューマ版が発売されることに。

本作『カタハネ ―An’ call Belle―』では、明るく希望に満ちた現代の物語「シロハネ編」と、過去の悲劇を綴った「クロハネ編」が収録されているという。多くのファンに支持されてきたアドベンチャーシリーズなだけあって、今回の発表に胸を躍らされた人も少なくはないだろう。

『カタハネ ―An’ call Belle―』のストーリー

■ストーリー

「カタハネ」の舞台は、貴石の力により自ら動くことのできる人形が存在する異世界。そして、現代と過去、2つの時代を舞台に描かれており、シロハネ編(現代編)→クロハネ編(過去編)→シロハネ編(現代編)と物語が流れていく。
登場人物たちの住む世界には、大昔にこの地で起きた悲劇が今も伝えられ、“天使の導き”という舞台劇にもなっているほどのメジャーなもの。しかし、この演目には“いわく”があり、この演目を題材とすると必ず何がしかの事故が起きるという。
逆賊“アイン・ロンベルク”の怨念がそうさせている……、人々はそう思っていた。
何故、そうなってしまったのか? 何故、アイン・ロンベルクは名高い逆賊として忌み嫌われているのか?
登場人物たちは旅をしていくなかで、やがて思いもよらない歴史の真相に迫っていく──

一つの物語は終わりを告げ、過去から未来へ──
物語は“ココ”から始まる──

本作『カタハネ ―An’ call Belle―』は、2つの時代を舞台に様々な想いが交錯するファンタジーが描かれている。自らの意思を持ち、行動をする異世界にて、現代と過去のストーリーが展開していくようだ。

シロハネ編の登場キャラクター

アンジェリナ・ロッカ

ブリューの孤児院で暮らす女の子で、舞台女優になるということを夢見ている。努力家なのだが、なかなかチャンスに恵まれずにくすぶっている。

ベル

ジルベルクという村で暮らす女の子で、背中には人形の証である綺麗な羽根が付いているのだが、なぜか一枚しかない。果たしてどのような過去を背負っているだろうか。

ココ

背中にゼンマイ巻きのネジが付いた人形で、かなり古いころに作られたため、定期的に調律をしないと喋り方がたどたどしくなってしまう。

ワカバ・フォーレ

小説家を目指している超無鉄砲な女の子。勢いが命で、そのまま地元の演劇祭にエントリーし、旅先で役者や協力者を探そうとしている。

セロ・サーデ

史学を専攻している大人しい青年で、小さい頃から一緒に暮らしている人形のココをメンテナンスし白銀の村であるジルベルクを目指している。

ライト・フォーレ

ワカバの弟で家業のパン屋を手伝っている少年。子供であり、ココと一緒によく遊んでいる。勉強はおろそかにしがち。

クロハネ編に登場するキャラクター

クリスティナ・ドルン

先代国王が亡くなって、白の国を治めることになってしまったお姫様。政治面はまだまだ未熟だが、歴代当主の中でも屈指の人形調律の技術を持つ。

エファ

国宝と呼ばれる完成度の赤の国の人形。記念式典などで催される演劇に出演するために白の国へとやってくる。

ココ

幼い外見とは裏腹に力持ちで、青の国の人形。人を疑うということを知らない純真な心を持っている。

アイン・ロンベルク

クリスティナ姫の後見人を務める白の国の摂政。どことなく影のある男性。

デュア・カールステッド

クリスティナ姫の護衛を務める白の国の騎士。

ヴァレリー・ジャカール

青の国より白の国に派遣された大使で野心家。

Vita版には新ストーリー・新ビジュアルが多数追加

本作『カタハネ ―An’ call Belle―』のPSVITA版では、シナリオのJ^MENT氏による新ストーリーや、原画の笛氏による新ビジュアルが多数収録されている。

これらにより、一層ゲームの世界にのめり込みやすくなったといえる恋愛アドベンチャーゲームだ。

タイトル カタハネ ―An’ call Belle―
メーカー プロトタイプ
対応機種 PS4/PSVITA
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 2018年1月25日
価格 パッケージ版:6400円
ダウンロード版:5700円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.jp.playstation.com/games/katahane-an-call-belle-psvita/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめゲーム

  1. あのマッピーをもう一度動かそう! マッピーはファミコンで登場したドットイートアクションが進化したゲ…
  2. 論理とか理屈とか好きな人におすすめのスマホ無料ゲームアプリ! 「論理の虫」は一言でいうと論理クイズ…
  3. エンターグラム×GLaséのタッグで贈る記念すべき第1弾恋愛ADV さて、本日紹介するゲームはエン…
  4. 大出世!?ドラゴンクエストのスライムが主人公に! なんとなんとwあのスライムが主人公になってゲーム…
  5. 多くの人に愛された名作シューティングが復活 「アケアカNEOGEO ASO2 ラストガーディアン」…

注目の最新ゲーム

  1. 2017-8-7

    シリーズ30周年を祝う『ドラゴンクエストビルダーズ2』のゲーム発売が決定!

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…
  2. 2017-9-14

    「星のカービィ スターアライズ」4人で楽しめる!ゆるかわなアクションゲームがやってくる!

    カービィもswitchで発売決定!王道なアクションを楽しもう! 2017 E3で星のカービィがNi…
  3. 2017-6-14

    「ヨッシー for Nintendoswitch(仮称)」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNinten…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る