『かみさまの心臓』ホラーテイストな淡く悲しい物語が魅力の無料ゲーム

あなたの大切な人は誰ですか?このゲームを終えて何かを感じるはずだ

『かみさまの心臓』は、らふわーかー氏が制作したホラーアドベンチャーゲーム。魅力的なキャラクターによる会話や伏線を回収していくストーリー展開は無料ゲームとは思えないくらい丁寧に作られている。

どこにでもいる普通の兄弟と悪魔の女の子のお話

私は悪魔。
欲望に、好奇心に忠実に生き、
他人の心を顧みない。
そういう生き物。

畏れられこそすれ、愛された記憶など
ただの一度もあるものか。
だって私はそういう生き物。

それなのにどういうわけか、人々は私のことをこう呼ぶのだ。

かみさま、と。

オープニングは悪魔と思われる人物の語りから始まる。
タイトルとこのかみさまと呼ばれる悪魔が関係していると想像することは難しくないだろう。

登場するキャラクターは3人のみ

『かみさまの心臓』では、3人のキャラクターによって物語が展開されていく。無料ゲームだが、立ち絵などのグラフィックがとても綺麗なのも注目したいところ。

精神を患ってしまい、言葉を話すことができなくなってしまった目黒誠。

誠の双子の弟であり、兄を殺そうと目論む目黒誉。

誠の味方をしてくれる謎の少女カーチャ。

謎を解きゲームを攻略していく

『かみさまの心臓』では、最初はなにもわからないままゲームが始まる。ゲームの舞台となるのは、どことなく不思議な雰囲気をまとっていて、まるで夢の中にいるような感じの場所。

とにかく自分の置かれた状況を把握するために探索して情報を得たり、アイテムを手に入れたり、謎を解いたりして、前に進んでいこう。

悪魔に子どもを捧げた内容が書いてある日記が置いてあったり、謎は深まるばかりだ。主人公が関係していることは間違いない。アドベンチャーゲームではあるものの、そういったストーリー背景などが一切語られないため、パズルを解きゲーム攻略をしながら『かみさまの心臓』の世界を知っていくことになる。何故、弟が兄を殺そうとするのか、カーチャの存在とは、そういった謎や関係が徐々に理解できるためゲームの世界に入り込みやすい。

謎解きも豊富で一筋縄ではいかず、手応えがあるのでかなり満足できるゲーム内容になっている。

謎に包まれた物語だが、あちこちに伏線がちりばめられていて、物語が終盤に差し掛かるにつれ回収されていく様は圧巻でカタルシスを感じること間違いなし。

プレイ時間は3~5時間ほどと無料ゲームにしてはなかなかのボリュームで、エンディングも3つ用意されている。ちょっと映画を楽しむくらいの気分で遊べるのも『かみさまの心臓』の魅力ではないかと思う。


タイトル かみさまの心臓
メーカー らふわーかー
対応機種 PC
ジャンル ホラーアドベンチャーゲーム
発売日 2015年3月26日
価格 無料
プレイ人数 1人

かみさまの心臓

画像引用元
[http://www.moguragames.com/entry/kamisama/]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-8-7

    『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』シリーズ30周年を祝うサウンドボックスゲーム第二弾

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…
  2. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…
  3. 2017-6-14

    「ヨッシー for Nintendoswitch(仮称)」表と裏があるペーパークラフトの世界を大冒険!

    温かみのある紙でできた世界を歩くアクションゲーム! 2017 E3でヨッシーのゲームがNinten…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る