ファミコン初!「本将棋 内藤九段将棋秘伝」

プロの内藤國雄が監修したゲーム

1985年8月10日にセタから発売されたファミコン用ゲームソフト「本将棋 内藤九段将棋秘伝」。プロの内藤國雄ってどんな人なのかというと、空中戦法という技法が有名で自由奔放な戦術で話題になった人物です。

「本将棋 内藤九段将棋秘伝」は何気にファミコン初の将棋ゲームで、当時はなかなか画期的で話題になった。ただレトロゲームというだけあり、AIが非常に軟弱で手が決まりきっているため強くはない。まぁ、時代が時代だけに仕方ない。現代では、あらゆる手がコンピューターにインプットされ、ニコニコ動画の電脳戦でプロを打ち負かしている。

本将棋 内藤九段将棋秘伝操作は十字キーで移動させ、Aボタンで駒を持って離す、Bボタンで待ったをかけるという単純なもの。駒を動かす程度しか思いつかないので、ゲームの操作が複雑だと逆に驚いてしまうが・・・。で、このBボタンの待ったが、「本将棋 内藤九段将棋秘伝」において特徴的なシステム。Bボタンを押すとキャラクターのグラフィック部分で「マッタ」という吹き出しが出る。ちょっとシュールで初めて見た時は吹き出してしまうかもしれない。そんなことは置いておいて・・・この待ったを10回繰り返すと王手をかけられていても1手前に戻れるというシステム。

コンピューターの強さ、タイムリープなど初心者にとって優しいゲームと言える。中級者以上がやると歯ごたえがないが、あえて自分を劣勢に追い込んで遊んでみるのも面白いかもしれない。

タイトル 本将棋 内藤九段将棋秘伝
メーカー セタ
対応機種 ファミリーコンピューター
ジャンル 将棋ゲーム
発売日 1985年8月10日
価格
プレイ人数 1人

画像引用元:
[https://www.youtube.com/watch?v=jvxMuXpoSCU]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-3-12

    「太鼓の達人 Nintendoswitchば~じょん!」Joy-Conをバチにして手軽に叩ける音楽ゲームへと進化!

    流行の曲をたっぷり詰め込んだ2018年版太鼓の達人! 多くのシリーズを出していてゲームセンターなど…
  2. 2018-6-22

    「Twin Mirror」空白の時間に何があったのか…ミステリー強めなアドベンチャーゲーム

    目覚めると血まみれのシャツ、心理的なスリラーを味わえるアドベンチャーゲーム  E3 2018で…
  3. 2018-9-22

    「TOWN(仮称)」小さな村で繰り広げられる小さなRPG

    ゲームフリークが送る懐かしくも新しいRPG  ポケモンシリーズで有名なゲームフリークが「TOW…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る