ミリオンヒットしたクソゲー「北斗の拳」

超有名な漫画「北斗の拳」をゲーム化した残念な作品

北斗の拳秘孔をついて敵を一瞬にして倒すケンシロウを主人公にしたジャンプの大人気漫画「北斗の拳」をゲーム化したのがこれ。正直、汚点をつけてしまったといっても過言ではないくらい酷いゲーム。しかしアニメなどが大人気だったため150万本以上売れるというミリオンヒットを飛ばしてしまったゲーム。

「北斗の拳」がクソゲーと呼ばれる所以

北斗の拳では、「北斗の拳」のどこがそんなにクソゲーなのかというと、まず隠しコマンドを入力しないとゴールできないという点。ただ単にステージを進んでいるだけではゴールできないゲームってどう思います?光りのないトンネルを歩き続けるようなものじゃないでしょうか。しかも正しい扉の前でAB+上を入力という。扉を間違えて入ると戻される始末で、バットとリンが正解だと教えてくれる扉もハズレという。お前らケンシロウにお世話になってるだろ!嘘つくんじゃねー!と叫びたくなります。

まだありますよ~「北斗の拳」がクソゲーだという部分。ボスを倒すときは決まったトドメを刺さないといけない。これも辛いですね。しかも「北斗の拳」は難易度高いので知っていてもクリアするのは至難の業。それこそケンシロウのようにゲームプレイヤー自身も秘孔を得とくしなげれば勝つことはできない。

そして、サウザーステージでは制限時間を迎えると空から即死する武器が降り注ぎゲームオーバーとなる鬼畜っぷり。まさに世紀末。

雑魚敵を倒すたびに「かもしもしもしぃ!!!」と毎回断末魔を上げながら死んでいくので頭痛がする。ケンシロウもなかなかうるさい。両耳がテロされるのは覚悟しておかないといけない。

最後に、ピンク色の敵を倒すとパワーアップアイテムの「あべし」が出現する。なんで「ひでぶ」や「うわらば」ではなかったのかはわからないが、北斗の拳でマイナーだった「あべし」を世に広めることとなったゲーム。で、この「あべし」でパワーアップすると敵の飛び道具を跳ね返せたり、ジャンプ中に攻撃できたりするようになる。ちなみにパンチで倒さないと出てこないという限定つきなので、やっぱり「北斗の拳」は鬼畜。

「北斗の拳」というビッグタイトルに乗っかったクソゲーがどのようなものか、そなたの目で確かめてみよ!ほわぁたぁ!!

タイトル 北斗の拳
メーカー 東映動画
対応機種 ファミコン
ジャンル アクション
発売日 1986年8月8日
価格 ファミコン:4900円
プレイ人数 1人~2人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=jjuzV20kkRQ]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-6-14

    「メトロイドプライム4」探索と謎解きが重視されたFPS

    原点に立ち返った期待の探索型シューティングゲーム 「メトロイドプライム4」は、2017 E3にて少…
  2. 2018-6-22

    「Twin Mirror」空白の時間に何があったのか…ミステリー強めなアドベンチャーゲーム

    目覚めると血まみれのシャツ、心理的なスリラーを味わえるアドベンチャーゲーム  E3 2018で…
  3. 2017-10-24

    『真・女神転生V』Nintendo Switch発売のメガテン最新作となるRPG

    カルト的人気を誇る悪魔をテーマにしたシリーズ最新作(2018年) 人気RPG真・女神転生シ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る