『Hitman: codename47』ステルスアクションの金字塔第一作目!

2000その男、暗殺者エージェント47…

『Hitman: codename47』

2000年に「IO Interactive」が開発した海外のPCゲーム。
メタルギアに代表されるようなステルスアクションがメインのゲームで、当時としては珍しく変装をしてターゲットに近づくというアクションが注目された。
当時は海外のPCゲームということでかなりニッチな存在であったが、2002年に発売された『Hitman2:Silent Assasin』がPS2、Xbox、GCなどのコンシューマーゲームに進出したことによって幅広く認知された。

記憶のない暗殺者…

『Hitman: codename47』謎の施設で目を覚ます男。自分自身の記憶は一切なく、命令されるがままに戦闘訓練を受けるが隙をついて施設を脱走する。彼が後に機関『エージェンシー』の下で暗躍する暗殺者コードネーム47であった。

粗さは目立つが傑作!

『Hitman: codename47 』 ステルスアクション 『Hitman: codename47』結構昔のゲームなのでグラフィックやポリゴンのカクカクが気になるかもしれないが、当時としてはきれいな部類で全然プレイできる。いまや人気シリーズとなったHitmanのゲームシステムは大方『Hitman: codename47』で完成されている。PCゲームにもかかわらず内容もかなり濃く、かつ自由度も高いのでアサシンライフをこの上なく楽しめる。

Steamのダウンロード販売などを利用すれば安価で購入できるのでプレイしてみてはいかがだろうか。


タイトル Hitman:codename 47
メーカー IO Interactive
対応機種 PC
ジャンル ステルスアクション
発売日 2000年
価格
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=MhyGGTbVIeY&list=PLF8A629CE7E816AC6&index=1]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…
  2. 2018-6-22

    「Twin Mirror」空白の時間に何があったのか…ミステリー強めなアドベンチャーゲーム

    目覚めると血まみれのシャツ、心理的なスリラーを味わえるアドベンチャーゲーム  E3 2018で…
  3. 2017-12-26

    「ベヨネッタ3」美しすぎる魔女が再び!超スタイリッシュアクションゲーム!

    派手に!美しく!華麗に戦うベヨネッタ最新作! アメリカで開催されたTheGameAwards201…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る