『Hitman: Silent Assassin』再び静寂の暗殺者に舞い戻る!

コンシューマーに進出して一気に大人気ゲームに!

『Hitman: Silent Assassin』『Hitman: Silent Assassin』はサードパーソンシューティングゲームのヒットマンシリーズの第2作目。
2002年に発売された本作は、PS2やXboxなどのコンシューマーゲームに進出したことにより、知名度を得たシリーズの節目となった作品。
2003年に1月31日にPC日本語版がツクダツナジーより発売され、7月3日にXbox版、11月6日にPS2版がアイドスより発売された。

足を洗った47に再び火の粉が降りかかる!

『Hitman: Silent Assassin』生みの親であるオルトマイヤー博士を殺害した後も、伝説の暗殺者として裏の世界で暗躍し続けていた47だったが、自身の存在に疑問を持ち、突然裏の世界から姿を消した。
イタリアのシチリア島にあるヴィットーリオ神父の教会で庭師として住み込み、日々自身の罪に懺悔する日々を送っていた。しかし47がいることを知ったマフィアが神父を誘拐し身代金を要求してきた。神父を助けるために再び組織に連絡するが、その代償は再び暗殺者に戻ることだった。

自分で暗殺方法を選べ!

hitman銃殺、刺殺、絞殺、毒殺、爆殺などあらゆる暗殺方法を用いてターゲットを始末していく。

静かに誰にも気づかれずに暗殺するもよし、人を巻き込んで虐殺してもよし。
とにかく自分のしたいように暗殺できるのがこのゲームの魅力。

ゲームシステムは根本的に前作と変わっていない。
しかし変装が見破られやすくなっていたり、スリ足の速度が遅くなっていたりとステルスアクションはシビアになっているのでゲーム全体の難易度は高くなっている。

世界を股にかける壮大な戦いが始まる!

『Hitman: Silent Assassin』

『Hitman: Silent Assassin』初家庭用ゲーム機に進出したので、一層気合が入っている壮大なストーリーが魅力。
イタリアから始まり、極寒のロシア、海外から見た間違った日本が登場するのも見ものだ。


タイトル Hitman: silent Assassin
メーカー IO Interactive
アイドスs
対応機種 PC
PS2
Xbox
GC(海外のみ)
ジャンル ステルスアクション
発売日 2003年1月31日
価格
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=BHyx18BF980]
[http://hitman-2-silent-assassin.wikia.com/wiki/Hitman_2:_Silent_Assassin_Wiki]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-8-7

    『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』シリーズ30周年を祝うサウンドボックスゲーム第二弾

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…
  2. 2018-6-14

    「Ninjala」フィールドを縦横無尽に飛び回るニンジャ対戦アクションゲーム

    ニンジャガムを使った変幻自在のコミカル対戦アクションゲーム  「Ninjala」は、その名の通…
  3. 2018-9-22

    「TOWN(仮称)」小さな村で繰り広げられる小さなRPG

    ゲームフリークが送る懐かしくも新しいRPG  ポケモンシリーズで有名なゲームフリークが「TOW…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る