「ヘクター87」パワーアップがないシューティングゲーム

自機があまりにも貧弱、敵は強敵、さぁどうする

ヘクター87「ヘクター87」は、死んで覚えていくという死にゲースタイルになっている。そのため、かなり鬼畜なシューティングゲーム。

未来で突然襲撃を受ける調査団

星歴4622年に時間旅行社の調査団が太古の地球へと旅立つ。しかし、突然現れたバイオメガの大群に襲われ、唯一残ったノア号は孤独な戦いを繰り広げる・・・!

「ヘクター87」の自機があまりにも弱すぎる

ヘクター87「ヘクター87」が鬼畜だという点で、まずこれがあがる。とにかく移動速度が遅く当たり判定も大きいためかなり難しい。

そして、シューティングゲームの鉄板であるパワーアップアイテムが存在しないため、終始ハンデを背負いながら戦うことになる。

時間旅行社の調査機なので、とんでもない兵器なんて積んでるわけもなく、ある意味ではリアル。

ストック性ではなくライフ性

「ヘクター87」ではライフ性が採用されていて、敵の攻撃を食らうと徐々に減っていく。ライフが0になればゲームオーバーとなります。一発喰らえばダメージ1なのかというとそうではなく、ダメージ4だったりと敵の攻撃はかなり強力。回復アイテムはあるのだが、1ポイントしか回復しないのでかなり鬼畜。「ヘクター87」では自機のHPがたくさんあるように見えるが、実際は数回ダメージを喰らえば沈んでしまうという脆さ。

ゲームの敵が強すぎる

ダメージが強力っていうだけでも厄介だが、実は耐久力もかなりあり、基本的に一発で倒すことはできない。何度も弾をぶち込まなければ倒せない。

そのため「ヘクター87」には連射機コントローラーが必須などと言われてしまった。しかも大会でも連射機が公認されるほどだったので、「ヘクター87」がいかに難しいシューティングゲームだったかがわかる。


タイトル ヘクター87
メーカー ハドソン
対応機種 ファミリーコンピュータ
ジャンル シューティングゲーム
発売日 1987年7月16日
価格 5000円
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=Gy99XQxBp5Y]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2016-12-7

    『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』伝説の神ゲー完全復活!

    あの神ゲーがフルリメイクされPS4でゲームが発売! ソニーコンピューターエンターテイメントから、伝…
  2. 2018-7-8

    「隻狼-SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」ダークで和風な侍アクションゲームがフロムソフトウェアから登場!

    ダークファンタジーな戦国時代の忍びの戦いを描くアクションゲーム  「隻狼-SEKIRO:SHA…
  3. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る