プレイヤーがどう捉えるかが問題「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」

都市伝説を題材にしたホラーサウンドノベル「流行り神」!

流行り神 ホラー ゲーム 実際にあったかのように語り継がれる都市伝説…。「流行り神」はそんな都市伝説を解明していく。
事件を科学的に捜査するか、オカルト的に捉えるかはプレイヤーの選択次第!
その選択によって物語の方向は大きく変わっていくホラーゲーム。

「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」のゲーム内容

流行り神 ホラーゲーム「流行り神」はBGMや効果音、背景と文章で表現するサウンドノベルで物語は進んでいく。
流行り神独特の、サウンドノベルならではのシステムを搭載しているホラーゲーム。

推理ロジック
文章の中のキーワードが、グリーンに光っていることがあり。それが事件や都市伝説を推理するための材料になる。
キーワードを発見し収集することで推理ロジックモードで利用することができる。
そして推理ロジックモードの推理によって事件は分岐していく。

セルフクエスチョン
主人公は複雑化していく事件を頭の中で整理するためにセルフクエスチョンモードにて自問自答を繰り返します。
この選択肢によって主人公の行動やプレイの評価が変わります。

「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」のストーリー

流行り神 ホラー ゲーム警視庁捜査一課に所属する風海純也は、初めて担当した事件で日常に潜む闇に触れてから身の回りで奇妙な事件に遭遇することになる。

小説のように作りこまれたホラーゲーム「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」

流行り神 ホラー ゲーム美麗な背景グラフィックや効果音、謎を深めていく文章はサウンドノベルホラーゲームの中でもかなりレベルが高い。
登場人物はサブキャラも含め30人にもなり、それぞれキャラが立っていて会話を見ているだけで楽しく、好感がもてるキャラも入ればいい具合に嫌味なキャラもいる。

そうしたゲームデザインが「流行り神」のノスタルジックでホラーな世界観を作り出すことに成功している。事件も様々な人間の感情が入り混じり、主人公の心も大きく揺れていく。
自分の行動のアプローチの仕方で科学的かオカルトのどちらにも分岐するので、好みによって行動しもう一度プレイするときは前回と違うアプローチをするなどやりこみもできる。
推理小説やサスペンスが好きな人はぜひともホラーゲームの「流行り神」をプレイしていただきたい。

タイトル 流行り神
メーカー 日本一ソフトウェア
対応機種 PSP
ジャンル ホラーサウンドノベル
発売日 2004年8月5日
価格
プレイ人数 1人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=Z_6SD45WeWU]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-15

    「妖怪ウォッチ4」超怖くなったシャドウサイドとして超進化を遂げたゲーム

    シャドウサイドの世界で展開するまったく新しいゲームの妖怪ウォッチ 多くのシリーズを発売し社会現象に…
  2. 2018-1-18

    『DARK SOULS REMASTERED』現世代機向けに進化し名作ゲームがリマスターとして蘇る

    グラフィックだけじゃなくオンラインマルチプレイの拡張も行ったアクションRPG 今回紹介するのは、フ…
  3. 2018-5-22

    『Call of Duty: Black Ops 4』多彩なアクションで立ちはだかる強敵を砕く爽快なFPS!

    アタッチメントの登場で大きな進化を遂げた2018年最新作のゲーム さて、今回紹介するのはActiv…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る