『花咲くまにまに』江戸の遊郭で育まれる恋の物語

大人気女性向け恋愛アドベンチャーゲームがPSVitaに登場!

本日紹介するゲームはMAGES.より2014年9月25日に発売が開始されている恋愛アドベンチャーゲームの『花咲くまにまに』です。対応プラットフォームはPlaystationVita、ゲームの価格は6800円となっております。

タイムスリップしてしまった江戸で起こる恋愛劇

花咲くまにまに本作『花咲くまにまに』は2013年11月に発売されたPS3/PSP専用女性向け恋愛アドベンチャーゲームのPSVITA移植版に当たるゲームとなっており、江戸の遊郭を舞台に密かに育まれる恋愛物語を楽しむことが出来ます。プレイヤーは現代から江戸時代にタイムスリップしてしまった女子高生となり、江戸で暮らす様々な男性キャラクターたちと出会い、そして成長していくことになります。

■花咲くまにまにのストーリー
主人公・七緒は現代で暮らす普通の高校生。ある日、近所の神社で催されていた夏祭りに出掛けた七緒は、過去にタイムスリップしてしまう。

飛ばされた先は、激動の時代と言われた江戸だった。見知らぬ土地、異様な風景……。現代とは明らかに違う江戸の町並みを目の前にした七緒は、ひどく動揺して困惑する。

現代への戻り方もわからず途方に暮れていた時、倉間と名乗る1人の青年に出会い手助けをしてもらう。最初は戸惑うも、江戸の町で行くあてもない七緒は倉間の好意に甘え、知り合いの見世(みせ)だという“特遊郭 万珠屋”へ身を寄せることとなる。

従来の遊郭とは違うその特別な見世で、七緒は少しずつ万珠屋の秘密やそこで働く人々の内情を知っていき、彼らとの距離を縮めていくのだった。

触れたいのに、触れられない
伝えたいのに、伝えられない
変えられない事実へのもどかしさ

裏に隠れた“真実”と“志”。運命という大きな輪廻の中で、七緒はさまざまな想いに触れてながら成長していく。

ミニゲームの存在により、やりこみ要素もたっぷり!

さらに、本作『花咲くまにまに』は、ミニゲームも楽しむことができる恋愛シミュレーション型ADVとなっているため、やりこみ度も比較的高め。選択肢だけじゃなく、主人公のパラメータによってエンディングが変化するので、このパラメータにも気を使ってキャラクターを攻略していきたいところです。

タイトル 花咲くまにまに
メーカー MAGES.
対応機種 PSVita
ジャンル 恋愛ADV
発売日 2014年9月25日
価格 6800円
プレイ人数 1人

画像引用元
[http://www.jp.playstation.com/software/title/vljm30097.html]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-4-29

    『ザンキゼロ』ダンガンロンパシリーズのスタッフが手がけるRPG。人類滅亡まで残機8人

    退廃的で美しい世界を描くサバイバルRPG スパイク・チュンソフトより、ダンガンロンパシリーズを手掛…
  2. 2018-2-16

    日本一ソフトウェア2018年期待の新作『嘘つき姫と盲目王子』目の見えない王子を救うために化物の嘘つき姫は冒険する

    全社員参加のコンペにより生まれたアクションアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフト…
  3. 2018-3-12

    「メイドインワリオ ゴージャス」おバカで中毒性の高いミニゲームが300種類収録!

    超手軽すぎるアクションミニゲームの集大成が登場! 当時タッチ機能を活かしたミニゲーム集として話題を…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る