「ガンバード2 for Nintendo Switch」彩京弾と弾幕系が混ざった悪魔的シューティングゲーム

濃いキャラクターが揃ったキャラゲー重視のシューティングゲーム

今までシューティングゲームにはなかったキャラという要素を詰め込んだのがガンバードでした。その続編がNintendoswitch向けの「ガンバード2 for Nintendo Switch」となって復刻。キャラゲー要素は強いんですが、続編となってゲームシステムもパワーアップというかぶっ飛びまくってて、かなり上級者向けのゲームとなっています。

ゲームストーリー

世界各国を舞台に、悩みを持つ5人のキャラクター達が
太古の時代より語り継がれている万能薬を手に入れるために冒険に出ます。

しかし、万能薬を手に入れるためには “太陽のかけら” “星のささやき” “月のしずく”とよばれる3つの秘薬を集め、
幻の地下神殿に住む神様のところへ行かなければなりません。

途中、秘薬を横取りしようとする女海賊(空賊)を頭にした3悪トリオがあの手この手でキャラクター達の行く手を阻みます。

3悪トリオより先に3つの秘薬を集め、無事万能薬を手に入れることが出来るでしょうか!

内容としてはシリアス系ではなくコミカル系で笑いながら楽しめるようなストーリーになっています。そして完全にドロンヂョ一味ですね。

弾幕系の影響を受けたシューティングゲーム

元々、彩京弾と呼ばれる激しい攻撃が売りでしたが、そこにさらに当時流行り始めていた弾幕シューティングの影響を受けたため前作よりも難易度が高くなっています。

「ガンバード2 for Nintendo Switch」の難易度はクリア不能というレベルではなく、上級者としてはちょうどいいくらいなので、初心者でも根気よくプレイして覚えていけばクリアできるバランスだとは思います。ただ、前作のようなライトな難易度を想像していると痛い目を見ます。

オーソドックスなゲームシステムとキャラ要素

「ガンバード2 for Nintendo Switch」では、とにかくぶっ飛んだ中身の濃いキャラクターたちが魅力です。それぞれでプレイスタイルが違っていて、どういった戦い方をしてゲーム攻略するか、楽しみ方がキャラクター分あると言ってもいいです。

操作自体は、ショット、ボム、近接攻撃といったものを基本に空中を移動して敵を殲滅していきます。「ガンバード2 for Nintendo Switch」からゲージとレベル制が採用されているのも特徴です。

スコアシステムでは、コインを連続で取ることによるチェインボーナス、ザコ敵撃破で登場する隠しキャラを倒すことによるボーナスキャリーで多くのプレイヤーがハイスコア狙いに熱を上げました。

ガンバード2 for Nintendo Switchの発売日はいつ?

「ガンバード2 for Nintendo Switch」は2018年6月21日に発売されることが決定しています。

タイトル ガンバード2 for Nintendo Switch
メーカー ゼロディブ
対応機種 Nintendoswitch
ジャンル シューティングゲーム
発売日 2018年6月21日
価格 864円
プレイ人数 1人~2人

画像引用元:

[https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000010144]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-5-7

    『Chernobylite』チェルノブイリの危険区画を舞台に巻き起こる混沌を描くサバイバルホラー

    世界最大規模の原子力発電所事故で有名なチェルノブイリが舞台のホラーゲーム さて、今回紹介するのは、…
  2. 2018-4-22

    『CLOSED NIGHTMARE(クローズド・ナイトメア)』閉鎖空間を徘徊する実写ホラーアドベンチャーゲーム

    まるでホラー映画のようなシネマティックアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフトウェ…
  3. 2018-5-17

    『Death’s Gambit』戦闘をダイナミックに描く2Dアクション

    ダークソウルやデモンズソウルから影響を受けたアクションゲーム さて、今回紹介するのはインディースタ…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る