「GUILTY GEAR X ADVANCE EDITION(ギルティギア)」無茶しすぎた格闘ゲーム

ある意味で最強に挑戦的だったゲーム

「GUILTY GEAR X ADVANCE EDITION(ギルティギア)」は、GUILTY GEAR XをGBAに移植したという意欲作。しかし、意欲的すぎたというか、挑戦的すぎたため、なかなか散々な出来となっている格闘ゲーム。

タッグや3on3という新たなマッチング

「GUILTY GEAR X ADVANCE EDITION(ギルティギア)」では、まさかのチーム戦ができるゲームモードが存在する。

タッグマッチの時は、アクティブチェンジでテンションゲージを消費し行動を強制終了させキャラクターチェンジするというゲームシステムがある。ロマンキャンセルのような使い方ができ、ガード中にもチェンジができる。

3on3では、デュアルコンビネーションというKOFシリーズでいうところのストライカーのような事が行える。控えキャラクターが乱入してきて援護してくれる。ちなみに乱入した見方は無敵状態なので潰されることはない。最後の1人だと使用できないので注意。

意欲過ぎて失敗してしまった調整

GUILTY GEAR X ADVANCE EDITION(ギルティギア)「GUILTY GEAR X ADVANCE EDITION(ギルティギア)」は、今までのギルティギアシリーズとは思えないゲームシステムを組み込みまくった意欲作だが、その半面失敗している部分も多い。

まず、グラフィックが初代のGUILTY GEARよりも酷い。美しいグラフィックや派手な演出が売りのギルティギアシリーズとしては致命的だった。

また、ダメージ補正が凄まじく、連続ヒットさせていくとダメージがゴリゴリ減っていき、6HITほどで1桁という蚊に刺されたような威力になってしまう。

そして、極めつけはネガティブペナルティとガードゲージがないということ。

そんな良い面と悪い面を併せ持つ「GUILTY GEAR X ADVANCE EDITION(ギルティギア)」だが、ヴェノムロケット13号などユニークな技の数々は後に逆輸入されるという結果を生んだ格闘ゲーム。


タイトル GUILTY GEAR X ADVANCE EDITION(ギルティギア)
メーカー アークシステムワークス
対応機種 GBA
ジャンル 格闘ゲーム
発売日 2002年1月
価格
プレイ人数 1人~2人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=HsB8mNgMWNU]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2017-8-7

    『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』シリーズ30周年を祝うサウンドボックスゲーム第二弾

    ブロックメイクRPG”ドラゴンクエストビルダーズ”の期待の続編ゲームが登場! 東京ビッグサイトで開…
  2. 2018-7-12

    「Devil May Cry 5(デビル・メイ・クライ5)」悪魔を狩る超スタイリッシュアクションゲーム再び

    シリーズ第五弾となるアクションはさらに磨きがかかったハイクオリティなものに  爽快かつカッコい…
  3. 2018-2-16

    日本一ソフトウェア2018年期待の新作『嘘つき姫と盲目王子』目の見えない王子を救うために化物の嘘つき姫は冒険する

    全社員参加のコンペにより生まれたアクションアドベンチャーゲーム さて、今回紹介するのは日本一ソフト…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る