奥深きレトロゲーム「五目ならべ連珠」

そう、ただ五目ならべをするゲーム!

五目ならべ連珠「五目ならべ連珠」のゲーム勝利条件は至ってシンプルなのですが、連珠というルールに則っているため知らないと少し混乱してしまう部分があります。ですが、簡単なゲームに代わりはないので、やっていくうちにすぐ覚えられるでしょう。

「五目ならべ連珠」では、白サイドと黒サイドに分かれ、碁盤の点に石を交互においていきます。先に5個の石を一列に並べた方が勝利となります。黒が先手、白が後手を交代しながら6局行い競います。

五目ならべ連珠一番最初の局だけランダムで珠型が決まります(上記画像参照)。珠型とは、黒・白・黒の石を縦一列や斜めなど様々な配置のことをいいます。そのため、実際は白が先手となります。

五目ならべ連珠また、ルールは連珠に従うため禁じ手などがあるので少しルールを覚える必要があるゲームです。ここらへんが少し言葉や文章だけだと伝えにくくわかりにくい部分になります。

五目ならべ連珠「五目ならべ連珠」のゲームモードは、コンピューターと戦うモードと2人で戦える対人戦モードがあります。
コンピューターは初級、中級、上級の3種類が用意されていて、ヒントで点滅する機能などがあります。このヒント機能は「五目ならべ連珠」が発売された当初を考えると、かなり画期的なゲーム要素となります。上級になると時間制限などが追加され、かなりスリリングでシビアなゲームを味わうことができます。

名作レトロゲームとしてWiiやWiiUのバーチャルコンソールとして復刻したり、どうぶつの森+に収録されていたりします。ボードゲームを買わなくても遊べるので、気軽にゲームをプレイしてみるのもいいかと思います。
ただ「五目ならべ連珠」は、ゲームBGMがなく効果音のみなので長くプレイしていると精神にきてしまう人もいるかもしれません。

タイトル 五目ならべ連珠
メーカー 任天堂
対応機種 ファミコン
ジャンル ボードゲーム
発売日 1983年8月27日
価格  バーチャルコンソール:514円
プレイ人数 1人~2人

画像引用元
[https://www.youtube.com/watch?v=JUfznE6W1eU]

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目の最新ゲーム

  1. 2018-6-14

    「Ninjala」フィールドを縦横無尽に飛び回るニンジャ対戦アクションゲーム

    ニンジャガムを使った変幻自在のコミカル対戦アクションゲーム  「Ninjala」は、その名の通…
  2. 2018-5-29

    『最悪なる災厄人間に捧ぐ』孤独な透明人間と少年が紡ぐ100万字のノベルアドベンチャーゲーム

    透明人間の少女と、透明人間しか見ることが出来ない少年のADV さて、今回紹介するのはKEMCOより…
  3. 2018-4-19

    『グランクレスト戦記』水野良氏のファンタジーノベルがPS4のゲームに登場

    大陸統一を目指して自分だけの冒険を紡いでいく戦略アクションシミュレーションRPG さて、今回紹介す…

絞り込み検索

著作権

当サイトで掲載されている画像などの著作権、または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権者様の権利を侵害、もしくは損害を与える意図はありません。著作権様より、掲載内容の訂正・削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 当サイトの内容は、すべて無断転載を禁止します。
ページ上部へ戻る